『ステキブンゲイ』について考えてみた
男性視点に偏ってはいないかと言う素朴な疑問

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 皆さま、お久しぶりです。  まだ決めかねてはいるものの、とりあえず今年の抱負は「BL作家を目指してみる」という、頭の中の発酵がかなり進んできた火星人、たいらごうです。  私自身、それほど(というか全く)BLに造詣が深くないので、いろいろと世の中のBLについて調べてみるのですが、多分私が書こうとしているのは「JUNE系」とか「耽美系」と呼ばれる、もはや古典にもなりつつあるものなのでしょう。  ツイでお見かけしたのですが、竹宮恵子氏や萩尾望都氏のような「美少年」を描いた漫画が最近再び話題になっているのでしょうか。  もちろん「不朽の名作」は不朽だからこそ、時代を経ても繰り返し取りざたされるのですが、『風と木の詩』に魅せられた者にとっては、そのような流れは歓迎すべきものだと思っています。  といっても、私がタンビーな世界に足を踏み入れるきっかけは、悪友に騙されて買った『アーシアン』なんですけどね。  とうことで、「BL」ではなく「JUNE系作家」を目指そうというたいらくんは、思考パターンも「JUNE系」への変換を目指しています。  そもそも私は「レムちゃん萌え」とか言ってた火星人ですので、意外にこれが難しい。「女体化」などが叫ばれているこのご時世に、敢えて「美少年化」していくわけですから、頭の中を腐らせないとやっていけません。  タマネギを見て美少年を想像できるようにならなければ、タンビーを極めることはできないのです!  そのうち、鉛筆と消しゴムを見れば耽美と思えるようになるんでしょうか。  ステキ大賞は五次迄発表が終わりましたが、FC賞は掲載から外されてしまっているので、蚊帳の外に置かれているような寂しさを感じます(笑)  どうなんでしょう。選考の様子が全く分からないので、今は別の公募に向けて一本書いています。7万字ほどを目指しているのですが、まだ3万時に届いていません。締め切りは三月末。間に合うのかな・・・あまり、それ以外の活動ができていない状況です。  まあそれはおいておきましょう。  で、ですよ。今日の本題。  ステキブンゲイに関して、サイト・配信などを見ていて気付いたのですが、どうも「男性視点」が多いんじゃないでしょうか。  良い悪いではなく、商業的な問題として、「女性ユーザーの獲得」というのは成功の秘訣ではないかと思うんです。  文芸に特化したサイトというのは、「文芸」を読む人にアピールが必要かと思うのですが、そもそも「文芸」を読む男性がどれほどいるのかということです。  統計を取ったわけでも、アンケートをしたわけでもないので、私の個人的感想なのですが、未成年(中高生)では圧倒的に女性の方が本を読んでいます。大抵の生徒に本を読んだか聞くので、ほぼ間違いないでしょう。(私の仮の姿は塾講師ですので)  もちろん、男性にも本を読む人は多いでしょうが、実用書を除けば、ミステリーやサスペンス、時代小説が好まれるかと思います。(あくまでも個人的感想です)  あとはラノベですかね。(男子生徒でラノベ読んでるって子を見たことはあまりないですが。みんな隠しているんでしょうか)  で、ですよ。ステキチャンネルを見てみると、ふと気付くことがあります。  なんで、美少年がいないの?  いや、実はしーなさんが眼鏡をはずすと、どこぞのタマネギ部隊のように美少年に早変わりするという可能性も微レ存(死語)ではありますが。  美女や、かわいこちゃんや、やんちゃなかわいこちゃんや、おっとり系かわいこちゃんは居ても、美少年がいないじゃないですか。  ここは是非、女性ユーザー取り込みの為に「美少年の導入」を考えましょう。  ほら、あれですよ。声優の卵さんの中から「美少年」とか「イケボ青年」をかっさらってくればOK♪ なんなら、歌い手さんとかでもいいじゃまいか!!  などと意味不明なことを叫びつつ、現場からは以上です。  いや、まあ、冗談抜きで、そういう視点って大事だと思うんです。  どのようなユーザー層を取り込もうとしているのか。ターゲティングって言うんでしたっけ。  まあ、私は経済経営のことはずぶの素人です。なので、あまり無責任なことは言わないでおきましょうか。  皆さまはどうお思いですか。別に感想は待ってません。プレゼントもありません。  いやあ、もう、金曜日の配信みんなみてね! ねこJさんのイケボが聴けるから!(そっちかよ、みたいな)  ということで、相変わらずグダグダを残しつつ、たいらくんは小説書きに戻ります・・・いやいや、違う違う。仕事に戻ります。  それではみなさま、レッツブンゲイ!

応援コメント
0 / 500
平 剛(たいら ごう) 2021/03/04 09:24

チャットモードでも全然いいんじゃないかと思うのですが、通知が無いのでかなり危ういチャットです(笑) R指定のUU数の驚異は、ハーメルンで体験しました。でも、ポルノ系は現在のWeb小説と同じく「消費される作品」だとおもってますので、そういうのは趣味で書く方がいいですね。 ムーンライトに一つ放り込んでみたのですが、全然R18じゃないしって後から気が付きました(笑) えろえーろなものは、書いていて飽きるんです。まさに「やまなし、おちなし、いみなし」ではモチベーションが続きません。あれは二次創作だからこそ輝くのだと思います。 二次創作の元ネタとなる一次創作を書くなら、あまり性描写って要らないんですよね。それに気が付きました。(そういうのは二次創作でなされるものだと思うからです) かといって、性描写が少しもないというのも寂しい限りで、クライマックスにそれを持ってくる醍醐味と言うのが、創作のモチベーションなのではないかと、最近思ったりします。 なので、純情オンリーなベリーズも、がっつりなムーンライトも、無理かなと思っています。 中途半端ですね(笑)

奥坂らほ 2021/03/04 02:19

(「応援コメント」欄でチャットモード(笑)) ベリーズカフェがその昔、「ケータイ小説」サイトだったころ、瀬戸内寂聴さんが「パープル」というペンネームでお忍びライト小説を書いて大人気になったそうです。(読者たちは瀬戸内さんだと知らずに「文章上手いね。応援してあげるよ」とか同年代目線でコメントしてた、という話) 女性向けネット小説サイトの老舗と言えますね。  なろ◯でR指定要素ありの作品を出すなら、ノクターンか、BLジャンルを擁するムーンライトノベルズの方がいいかも。相当にグロいのでも大丈夫。みんな知ってる表通りのな◯うとは違う裏世界ですが、R指定ファンの読者数はハンパないです。ムーンライトでUUが(!!)数万人にのぼったことが、私もあったりなかったり……(ポルノ小説大賞などもあったと思いますよ。そういう作家という色がついてもよければ)

平 剛(たいら ごう) 2021/03/03 02:22

>らほさん いぬじゅんさんのお書きになった「ミステリー」や「ホラー」を見つけました。面白そうです! B-cafeってそんなに大きいんですか、驚きです。まあ、クラスタ活動は小説サイトにはつきものでしょうか。 でも、な〇うで警告食らったこともあるR指定作家のたいらさんでは、公開すらできそうにないですね><(笑)

奥坂らほ 2021/03/02 08:05

【B-cafeについての極秘情報です。ここだけの秘密】 いぬじゅんさんは某小説サイトで活動されていて、今も作家登録されています。 某サイトでいぬじゅんさんの名前を検索すると、『いつか、眠りにつく日』などのほかに、書籍化されていない作品もぞろぞろ出てきますよ! 今見てみたら、なんと!『いつか、眠りにつく日』ですら、ランキング履歴が「総合98位 (2016/04/25) 」と出てきました。B-cafeは、作品の表紙にランキングの最高記録が表示されるんです。いぬじゅんさんの人気作ですら、98位ですよ!  クラスター活動している書き手たちがうようよいる巨大サイトです。 女子中学生や女子小学生も読んでるので、R指定コードは厳しいです。NGワードが1個入ってただけで、即刻(更新ボタン押した瞬間)その小説は強制的に非公開にされてしばらく回復しません(自動的にスクリーニングしてるんでしょう)。そうなるともう、編集部に連絡してどう修正したか説明しないと回復させてもらえません。←やっちゃったことあります。。。

平 剛(たいら ごう) 2021/03/01 03:08 (編集済み)

らほさん 感想ありがとうございます(^^ BOTさまのお陰で分かるようになりました(笑) 難しい問題ですねぇ。ただ、百人が百人とも満足するサイトというのはあり得ないでしょうから、これも運営方針次第でしょうね。 私は男性ユーザーの多いサイトをメインにしてきたのですが、今後はユーザー層を考えて活動しようと思ってます。 名前の上がったサイトも覗いてみます(^^ 追記:berryはBLないんですね……私にも無理そうです^^;