作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

   『──消えたい』  毎日のように、そんなことを思っていた私。  放課後、掃除当番で校舎裏のゴミ捨て場に行ったあと、無性に苦しくなって空を見上げると屋上が見えた。  あの場所へ行けば、何が見えるのだろうか。  あの場所へ行けば、何かが変わるだろうか。  そんな小さな期待を胸に階段を駆け上がる。  けれど、屋上から見えた景色はそびえ立つ建物や木々、河川敷。そんなありきたりな景色だけだった──。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません