僕はリュックサックからポスターを出したりはしない
0
0
ステキユーザー 新人作家
青春 全10話 連載中 第3回ステキブンゲイ大賞応募作
オタクな少年、須藤樹には推しメイドがいた。それは猫耳メイド喫茶「にくきゅーフレンズ」のメイド、「まるちぃ」。誰もが二度見するほどの超絶マドンナではないけれど、クラスにいればそれなりに目を引く、ショートカットボブの可愛い女の子。更に言えば、スクールカースト底辺の冴えない僕でも横に並ぶことがギリギリ許されそうな、庶民派めんこい娘。そんな「まるちぃ」が、となりの部屋に引っ越してきた。 これは奇跡のような、それでいて喜劇な僕のラブストーリー。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません