作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「宇佐美さんと別れるの?」 「そんなことはない。恋人だ」 「私は遊び?」 「そんなんじゃない。君も大事にする」 「バレないかしら?」 「大丈夫」 「明日も会うのよ。どうしよう」 「平気な顔してろ。向こうは気づかない」 「あなたさすがね。他にもいるでしょ?」 「女性?知り合いならいる」 「ふーん。知り合いね」 彼女とのセックスも良かった。またしたいな。 「明日また大学で会いましょう」 次の日絹子と会った。 「石黒さんは?」 「なんで石黒さんなの?」 「友達だろ?」 「うーん、友達というより学部仲間」 「なんでこの間一緒にいた?」 「彼女におごったもらったの。お礼に。ねえ、なんで石黒さんなの?」 怒ってる。 「この間キャンパスで偶然会ったんだ」 「そうなの」 「それで色々話した?」 「学内の外で?」 「?!…」 「一緒に出てくの見たわよ」 「……靴を買うから付き合ってくれと」 「嘘よ。彼女と何処へ?」 「六本木ヒルズ」 「ヒルズ?」 「僕は断ったんだけど、彼女が」 「強引に?」 「そう」 「何考えてるの?」 「…すまん」 「もう知らないわ」 と、向こうを向いて行ってしまった。これは不味い。見られてたとは。 「こりゃ終わりだな」 僕はそう悟った。 石黒さんに電話した。 「バレちゃった!」 「一緒に出てくの見られたようだ」 「あらまあ知らなかったわ」 「今どこ?」 「授業よ」 「授業中に電話してるの?」 「一番後ろの席だから気づかれない。でも外出るね」 「ここの窓から見えるわ!上向いて!」 僕は手を振った。 「どうするの?」 「別れることになるだろう。かなり怒ってる」 「謝ってもダメなら、もう恋人になろうよ」 「いいよ」 「じゃあ、教室の前で待ってて」 僕は建物の中にはいって、階段で3階に上がった。 それで教室の扉の前で待機。 ドアが開いて授業が終わったようだ。 「よお!大変なことになったね。私のせいだ」 彼女が出てきて言った。 「もう手遅れだ」 するとメールが来たようだ。ともりからだ。 〔午後の授業サボるわ。どこかに集まらない?〕 「午後は何かある?」 「何もないわ」 「女友達が集まろうって。一緒に行く?」  「どういう人?」 「高校の同級生。違う大学行ってて、それでね、同居人を探してる」 「いいわよ。つきあうわ」 と千代田区のお茶の水のカフェ。かなり古い店内。なんでこんな店をえらんだのか。 「私明治大学だから。ここかなりの老舗なの」 「まあいい。なんか話でもあるの?」 「ないけど、そちらは新しい彼女?」 「そう、石黒メイさん」 「こんにちは、はじめまして」 「ねえ、あなたすごいわよ。この人も候補よ」 「何が?」 「同居人よ。お一人で住んでます?」 「誰でもいいんじゃないの?」 「いえ、実家暮らしです。家は板橋区」 「同居人を探してるのね。私と住まない?」 「うーん、その前に白樺さんをよく知らないと」 「そうだよ。やみくもに声かけても」 「私は白樺ともり、楢橋くんとは高校が同じなの」 「ここに来る間にいろいろ伺いました。男性にあまり興味がない?」 「そう。できればずっと一緒に住んでくれる人を探してます」 「お婆さんになっても?」 「はい」 「それほんと?そんな人居ないよ」 「でしたら遠慮しますわ」 と、石黒さん。 「そうですか。残念」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません