少女リベンジマッチ
エッセイ 全25話 連載中 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
今日のわたしが生きた一日は明日のわたしの黒歴史。これは、少女にも老婆にもなれないただの女の、生存記録です。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
#1 バースデーの前にハッピーつけんなハッピーセットじゃねえんだからさ
2020/06/01 14:32
#2 脳内自動手記人形を飼育して、気持ち悪い本音全部あいつにぶちまけてしまいたい
2020/06/02 11:03
#3 06/03
2020/06/03 14:20
#4 恋愛感情に似た何かを感じた時のあの地獄とは
2020/06/06 12:07
#5 覚悟って切腹できるかどうからしいけどそんなん命いくつあっても足りんやろ
2020/06/07 11:29
#6 生きること向いていないしこの街を上手に歩く才能のないわたしは殺される
2020/06/08 14:52
#7 自殺するなら夏がいいけど理由がうまく思いつかない
2020/06/09 14:55
#8 きみの死なない理由になりたいだけで、でもそれがすごく難しいってわかってる
2020/06/10 14:50
#9 もう無理だけど、それでも生きてかなきゃいけない、らしいよ
2020/06/13 14:43
#10 愛しています、だって今は今しかないしあっという間で目を凝らさないといけないもんだから
2020/06/14 12:10
#11 底なしのバケツみたいな承認欲求持て余すより、わたしがどれだけかわいいかって話をしたいよ
2020/06/16 13:34
#12 こんな夜だからね、仕方ないよね、きみがわるいこだったとしても
2020/06/17 12:27
#13 定期的に死にたい過去を発掘したくなるけれど、これも一種のポエジーですか
2020/06/18 12:05
#14 そうやってきみはなかったことにしてしまうから、わたしは
2020/06/21 03:42
#15 分かり合えないことばっかりだから全部なかったことにしたいしバラバラにして秘密基地に埋めてしまいたい
2020/06/22 12:30
#16 そうやって全部書くから誤解されちゃうし、いっそ壁に向かって喋ればいいのかな
2020/06/23 14:00
#17 少女について言及しないまま歳をこのまま取りたくないな
2020/06/27 10:07
#18 とびきりの一等賞がとれなくてもいいから死なないことが大切なんだ
2020/06/28 12:13
#19 今までのすべてをきみに全肯定されたらそれは救いだけどちょっとかなしい
2020/06/29 13:57
#20 少しだけこころのやわこいとこに、そっとやさしくつまんでみませんか
2020/07/01 11:59
#21 きみと一緒に写真を撮りたいけれど、きみに幻滅するのが怖くて言えないでいる
2020/07/02 11:34
#22 後悔はふたつあって、過去のことと、現在進行形で生きていること
2020/07/03 12:51
#23 雨、止まないねって話しかけてきみの死なない理由になりたい
2020/07/04 14:44
#24 正しいのかわからないけど、きみのその感情を肯定するよ
2020/07/05 10:56
#25 大丈夫だよってわたしが言うたびに大丈夫だったものがすり減っていく
2020/07/06 14:19