作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「ちょっと、考え事」  授業前に朱理と会い、あんな会話をしてしまった為、夏休み明けの初日は終始上の空で、授業内容さえ頭に入らない状態だった。 「昨日も言ってたけど、卒業の事?」 「それもあるけど、今は違うことで悩んでた。ところで、舞は一緒じゃないの?」 「舞は、図書室で勉強中。帰りに遊びに行こうって誘っても、そんな暇はないって断られた」 「そっか、頑張ってるんだね」  朱理は、諦めに近い感情だけれど、卒業後の事を考えている。  カオルは長野に残り就職し、るんと舞は目的は違うが、東京の大学を目指している。  私だけが、進路を決めていない。何処の大学に行きたいのか…そもそも、大学に行くのか、就職コースを選ぶのかさえ決めていない。  両親は進学するものだと思い込んでいるので、私は両親の意思のまま進学するのだろう。自分の意思がなく、はっきりとした考えのない曖昧なビジョンだ。 「るんは、勉強しなくていいの?」  舞と同じように東京の大学を目指するんに、意地悪な問いをしてしまう。 「私は平気。大学に行くのが目的じゃなくて、東京に行くのが目的だから。今の学力で東京の大学に行ければそれに越したことはないけど、別に落ちたってかまわないし」 「落ちたら、彼と離れ離れになっちゃうじゃん」 「落ちても、東京の予備校に行くから」  るんにははっきりとした目標があるが、それは決して誇れる目標ではなかった。  まぁ、何も考えず流されるまま流されている私よりかはましか。 「と言うわけで、私達は受験と関係なく、最後まで高校生活を満喫しようと誓い合ったのだよ」  カオルが、るんの肩を抱き寄せ宣言する。こういったノリが得意ではないるんは頬を赤らめている。 「円佳はどう? 舞みたいに勉強派?」  勉強は、するに越したことはないが、勉強に時間を割きすぎて、大切な友と過ごす時間が削られるとなると話は別である。  今の楽しみを取るか、近い未来へのたくわえを取るかの二者択一だ。 「私は…」  私には、将来の夢や目標がない。将来の為に頑張ろうと思っても、何を頑張ればいいのか分からない。 「高校生活を満喫したい」 「円佳なら、そう言ってくれると思ったよ」  本音は、朱理を含めて高校生活を満喫したかった。朱理が悲観的な考えをしてしまうのは、楽しかったと言える思い出がないから…もしくは、楽しかった思い出以上に辛い思い出があり、楽しかった思い出を上書きで消してしまっているように思える。  朱理の人生観を変えるには、辛かった思い出以上の楽しい思い出が必要である。  その思い出を作る絶好の時期は、高校時代、つまり今だ。  以前何かのテレビで言っていた。高校時代の一日と、大人になってからの一日では、重みが違うと。  残り少なくなった貴重な一日一日を大切に使い、思い出を作りたい。 「遊びに行くのはいいけど、予算がないよ」  るんが、財布を広げ嘆く。 「お金がなくたって、遊べるよ。校庭で体を動かすとか」 「え~ 運動は苦手だな」 「苦手で嫌いなの?」 「嫌いじゃないけど、疲れるから」 「疲れたって、いいじゃん。私は、みんなで遊べればそれだけで楽しいんだ」  確かに、私も今月はお金に余裕がなく、るんと同様に運動は苦手だけれど、スピード感のあるスポーツはやっていて楽しいが、私にも主張があった。 「文化祭で、劇をやらない?」  うちの高校には演劇部がなく、吹奏楽部もないので、文化祭の時に体育館の使用許可を得るのは大して難しくない。 「なるほど、劇の練習ならお金がかからないし、高校最後の良い思い出になるね」 「私、人前でお芝居するのはちょっと」  カオルは文句なく賛成だけれど、引っ込み思案のるんは乗り気じゃない。 「全てを手作りでやるの。劇中の音楽もCDを使わないで、ピアノ演奏にする。その役がるんってのはどうかな?」 「演技をしなくていいなら、いいよ」 「そうなると、どんな劇をやるかだね」  俄然やる気を出したカオルが、机の上にノートを広げる。 「やっぱり、やるとしたらシェイクスピアとかかな? 名前をよく聞くだけで、肝心の内容は知らないけど」  と言うるんと同様に、私もシェイクスピアの話をまったく知らない。そもそも、私は活字を読むのが苦手だ。 「シェイクスピアの話を劇にするとしたら、登場キャラが多いから人数集めが大変だよ」  どうやら、カオルは知っているようだ。 「四十人いても足りない?」 「それだけいれば足りるけど、劇はクラスの催し物としてはできないよ。みんな受験を控えてるから、文化祭は息抜き程度に考えてる。何日も稽古が必要な劇をすると言ったら、誰も賛成しないよ」  なるほど、遊ぶのが好きな舞が、誘いを断ってまで勉強しているんだ。三年で文化祭に力を入れるクラスは少ないだろう。 「そうなると、自分達で演劇部を立ち上げなくっちゃいけないんだ」  クラスの催し物と、部の催し物以外の催し物は禁止されている。劇をしたいのなら演劇部を作る以外に方法はなさそうだ。 「部を作るには、どうすればいいんだろう? 漫画とかだと、五人の部員と顧問の先生がいれば大丈夫なケースが多いけど」 「そうだね」  部を作るのにはどうすればいいか悩んでいると、るんが思いがけないことを言ってきた。 「そうなると、問題は顧問の先生だね」 「部員の数だって問題だよ」  正式に聞いたわけではないので確かなことは言えないが、部を立ち上げるには五人の部員が必要だ。受験勉強に躍起になっている舞がこの企画に参加するとは思えないので、現状は三人しかいない。 「舞と慎弥に頼めば、部員になってくれるよ。最初から幽霊部員になってくれって頼めば、名前ぐらい貸してくれるはず」  そっか、その手があったか。慎弥君のことはよく知らないが、舞はどの部にも所属していない。部の掛け持ちにはならないので、名前を貸すのぐらい了承してくれるだろう。 「その作戦に異論はないけど、私は幽霊部員じゃなくて、本気で一緒に劇をやらないか舞を誘ってみる。やっぱり、舞が一緒じゃないと楽しさが違うから」  カオルは、そう言いながら空いている舞の席を見た。 「私は、顧問の先生を探すよ。保健の塚本先生とは結構話してるから、最初にあたってみる」 「そうなると、私は慎弥に頼めばいいんだね。簡単だ」  各自、役割がはっきりしたところで、休み時間の終わりを告げる予鈴がなる。  予鈴がなるとすぐに、疲れ果てた表情を浮かべ、舞が戻ってきた。    ◇    放課後、私達は遊びに行く予定を変更し、自分達に科せられた役割を全うすることになった。  るんは慎弥君と下校し、ついでに幽霊部員の件を頼むらしく、いち早く学校を出た。  カオルは舞と一緒に図書室で勉強し、るんと同様、帰り道で演劇の話を切り出すらしい。  今の舞は、ほとんどの時間を勉強に費やす覚悟で勉強をしているが、そんな舞でも、帰り道で歩きながら単語帳を捲ったりしないだろうから、そのタイミングで切り出すと言っていた。  クラス一の学力を誇るカオルが図書室で勉強するのも、舞に勉強を教え、貸しを作るのが目的かもしれない。  二人がうまくやれるかどうかは、特にカオルがうまくやれるかどうかは分からないけれど、私は私の役割を果たさないとならない。塚本先生に断られたら、他に親しい先生がいないので、顧問の先生探しは難しくなってしまう。  塚本先生が承諾してくれるのを願うばかりである。  ノックをして、塚本先生の返事を待ってから保健室に入る。  いつも朱理が寝ているベッドに視線を向けると、カーテンが閉まっていて朱理の姿は見えなかった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません