作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 プロローグ    夏が、終わろうとしていた。  夕方になると、時折半袖では肌寒く感じる風が吹く。  今年は冷夏だったらしい。  例年よりも早い夏の終わりを感じていると、私の親友である荒瀬舞の心も燃え上がるような夏が終わり、涼しい風が吹いているようだった。 「横浜の男達は、見る目がないのよ」  私達は、高校最後の夏休みを横浜で思い出を残そうと、夏休み最後の三日間を横浜で過ごした。  つい先程帰ってきた私達は、小腹が空いたのでロッテリアでカロリーを補給している。 「そんなに、男に躍起にならなくたっていいじゃない。横浜自体は楽しかったんだから」  目を血走らしている舞に、私は励ましの意味を込めて前向きな発言をした。 「だって、そろそろ受験だよ。今のうちに彼氏の一人や二人作っておかないと、勉強だけに追われる毎日になっちゃうじゃない」 「二人も作ったら、勉強どころじゃなくなるよ」 「それは言葉のあや」 「彼氏なんて作らなくたって、私達がいるじゃない」 「受験に立ち向かうために必要なのは、女友達からの友情じゃなくて、彼氏からの愛情なの」  私の意見を真っ向から否定するので、説得を諦めてストローに口をつけた。  乾いた喉を潤っていると、私と舞のやり取りが終えたのを見て、カオルが口を開く。 「舞は、横浜に行くからって意気込みすぎなんだよ。行く前にも言ったでしょ。都会に出るからって意気込む田舎者が、一番浮いた存在になるって。カジュアルでナチュラルが一番だよ」  三ヶ月前に横浜から長野に引っ越してきた前原カオルが言うと、島崎るんも『初日の舞は、ケバかったもんね』と小声で相槌を打った。 「でも、今回は本当、カオルに助けられたよ。なんて言っても宿泊費がただで済んだんだから、持つものは友だね」  今回の横浜旅行で私達は、ホテルなどに泊まらず、カオルの親戚の家に厄介になった。  四人が一斉に押しかけるのは無理があるので、私とるん、舞とカオルのペアに分かれて別々の家に厄介になった。 「カオルの親戚に、いい男がいればよかったんだけど」  せっかく話を変えようとしているのに、舞はまだ恋人が出来なかったのを引き摺っている。横浜では一番はしゃいでいたくせに、帰ってきた途端、空気の抜けた風船のようにしぼんでしまっている。 「私は楽しかったな。色々とカエルのグッズも買えたし」  るんは、カエルのグッズを集めるのが趣味である。行く先々で可愛らしいデザインのカエルグッズを買って喜んでいた。  ちなみに、本物のカエルは大の苦手だ。 「慎弥へのプレゼントも買えたし」  私達の中で唯一彼氏持ちのるんは、舞のイライラを煽ってしまいそうな発言を悪気なくこぼす。 「どうして、るんなんかに恋人が出来て、私には出来ないんだろう」 「恋人は、出来るものじゃなくて作るものだよ」 「えっ、るんって、自分から告白したの?」  大人しいるんが大胆なことを言うので、カオルは意外そうに問いかける。正直なところ、私もるんから告白するなんて夢にも思わなかった。 「恥ずかしかったけど、自分から告白したよ。だって、ずっと『好きです』て視線を送ったり、行動を起こしたりしても気付いてくれないから、言葉で伝えないと駄目だなって」 「逆ナンじゃん」 「逆ナンじゃなくて、告白!」  るんにしては珍しく、声を大にして舞の発言を否定する。  なんでもない、友達といる時間が楽しかった。たまたま同じ辺りに住み、たまたま同じ高校に通い、たまたま友達になった関係。偶然が生んでくれたこの関係の期限が、そろそろ切れてしまう。  店内の時計が進んでいく。あの秒針が何回円を描いたら、私達は卒業するのだろう?  それは分からないが、卒業まで半年と少し。来年の今頃は、こうして四人で集まる機会は減り、新たに出来た仲間と過ごす時間が増えるのだろう。 「明日から、学校だね」  私の耳には、三人の会話が届いていなかった。ただ、不意に独り言のように呟いてしまった。 「なに、辛気臭いことを言ってるの」  舞が、呆れたように言う。 「もうすぐ、卒業だなと思って」 「卒業の前に、受験でしょ。少し気合入れてやらないと、落ちて浪人になるよ」 「一番やばいのは、舞だけどね」 「カオルはいいよなー 受験しなくていいんだから」  今の時代、就職の方が大変だと思うが、舞はそう愚痴る。 「舞だって、受験じゃなくて就職を選べばいいじゃない」 「親が許さないだろうし、受験は嫌だけど大学には行きたいの」 「舞は、どうして大学に行きたいの?」  大学に行きたい、それは=高校を卒業したいという意味ではないと分かっているが、私はそう問いかけてしまった。  大学には、今通っている高校よりも良いところがあるのだろうか? 「一度は経験したいじゃん、キャンパスライフってやつを。学歴も大卒になるし、四年間働かずに大きな態度が取れる」 「そういう奴が、日本を悪くするんだよ」  カオルが、舞の頭を軽く小突いた。 「私は、慎弥が東京の大学を受けるから着いて行く形かな。レベルの高いところを狙わなければ、今の学力で充分受かるって言われてるし」 「はいはい、お熱いことで。で、円佳はどうして大学に行きたいの?」  舞の問いに、私は何も答えられなかった。  義務教育と違い、高校と大学には受験がある。ただ、それだけの違いだと考え、通うのが当たり前だと高校に通っていた。  中学を卒業するとき、周りの人達やクラスメイトは全員が高校に受験したが、今回は違う。カオルのように就職組がいる。  自分の意思で大学受験をせずに就職を選んだカオルを見ていると、私も進路について考えさせられるようになった。  考えなくてはいけない、これからの未来。でも今は、みんなと楽しく過ごし、悔いのない高校生活を送りたい。そんな甘えた考えしか出来なかった。   [It wants to make a memory]    夏休み明けの朝は、小雨がぱらつくあいにくの朝だった。  学校は傘を盗まれる確率が高い、危険な場所である。そのため、値段の高い傘は持っていかず、盗まれてもショックを受けない安物の傘を差し通学する。  私はいつからか、水溜りとは呼べないほどの雨水を避けて通るようになっていた。靴が汚れるから…そういった確かな感情が働いているのではなく、生理的に受け付けないように水を避けてしまう。  プールや海は好きなのに、雨水は好きになれない。地面の汚れを含んでいるからだろうか? なんにせよ、私はなるべく水が溜まっていない場所を選び、歩を進める。  学校が目前に迫ると、それに伴い通学する生徒の数が目立ち始めた。  校舎に入ると、私は教室に向かわずに保健室に向かった。いつもは先に教室に行くが、今日は鞄を持ったまま保健室に行きたいので順番を逆にする。  鞄を持ち保健室に向かう生徒なんて常識的に考えればそうそういないが、深く考えないとその不自然さに気がつかないらしく、すれ違う生徒達は私を不審な目で見たりしなかった。  保健室は一階にあるので、私に注がれる視線は先輩に対する萎縮した視線がほとんどである。 「おはようございます」  保健室に入り、礼儀正しく塚本先生に挨拶する。塚本先生は良い意味でも、悪い意味でも歳相応な三十六歳。取り立てて魅力があるわけでもなく、欠点があるわけでもない容姿をしている。 「おはよう、森永さん」 「あの、朱理は来てますか?」 「本条さんなら、今お手洗い」  良かった、朱理が学校に来ていた。夏休み明けに朱理が学校に来るかが不安でならなかったので、一安心である。  塚本先生とは、これ以上話すことはない。そんな気持ちが態度に表れてしまったのか、塚本先生は無理に話をしようと試みなかった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません