作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「ようこそ、Telosの世界へ」  初めてこのTelosへ足を踏み入れたのはいつだっただろうかとカイは考えていた。 「カイはさ、最近ずっと『T』にいるじゃない。どうして『T』なわけ」  エレナのその一言がきっかけだった。  カイの人生の中で、ゲームは当たり前のようにそこにあった。仕事の忙しさにかまけて家庭を顧みない両親の元で育った。カイは物心が着いた頃には、既に「どうして、この二人は結婚して、親になんてものになったのか」と思うようになっていた。責任を取れないくせに、無謀な行動を起こすのは阿呆だと思っていた。  だからこそ、カイ少年がゲームに没頭したことはその反動とも言えるかもしれない。  ゲームならば、いくらでも無責任な振る舞いが許される。魔王退治に出て、飽きたからといって途中で中断することができる。人類最後の十人になるも、エイリアンを倒すという使命さえ簡単に放り投げられる。  ゲームは自由だった。カイはゲームをずっと続けられる環境を求めていった。  あらゆる種類のゲームをやり尽くした。  両親は金だけはいくらでも出してくれた。彼らにも息子を放置するという後ろめたさのようなものがあったのかもしれない。  しかし、彼女たちとももう二年は会っていない。会うどころか、顔を合わすことも声を交わすことも、文字でのやり取りすらもない。  カイは血の繋がっただけの二人に対して、もはや何かを求めてはいなかった。あいつらは、俺がどこで何をしているかなんて興味がない。カイはそう結論付けている。 「自由だから」  カイはエレナの質問に答える。  カイ自身の問いについては、いつだって良いかと考える。思い出す必要もないくらい、カイにとってはここが当たり前の居場所だった。ノエルこそがカイだった。 「自由、ね。うん、まぁ確かに。『T』は自由だね。ゲームを作る側からすると、制約は多いんだけどねぇ」 「それは、エレナの腕の問題」  エレナは「うぐっ」と言いながら、胸を抑える。耳に痛い言葉が身体を貫く。 「本当の自由の中では、誰も何もできない」 「何それ、誰の言葉」 「俺。世界最強のプロゲーマー、カイ選手の言葉」 「ここ最近負けが越している『元』天才ゲーマー。いよいよデバッガーが本業か。昨日の記事に面白おかしく書かれていたねぇ」 「メディアってのは、人の価値ってもんをわかっちゃないんだよ」  カイは少しだけ不貞腐れて答える。その様子を見て、エレナはニヤニヤとする。 「美少女クリエイター、エレナの本性に迫る。なーんて記事も隣に載っていたっけねぇ」 「野蛮で凶暴。それに噂話とガセネタが大好き、って書いてあるんでしょ。その通りだね」 「バカ。『エレナの作るゲームは哲学的ですらある』という批評を読まなかったのかね」 「今だけだよ。騒ぎ立てて、上げるだけ上げておいて、奈落に叩き落として、嘲笑って楽しむ。自分たちは上がれないもんだから、人を下げて喜ぶんだ。それがメディアの、ひいては、人間の本質さ。要はノイズだよ」  エレナは、そうねと同意をする。 「ところで、あの男の行方はわかったの」 「わからなかったら、こんな辺鄙な場所にアンタを誘わないわよ」  二人は「T」にあるワールドの一つにいる。  「T」とは、七つのワールドに分けられている仮想空間の総称である。七つのワールドには、それぞれ独自の管理者がおり、「コンビクト」と呼ばれている。「断罪者」というその名の通り、自警団として絶大な権限を有する者達である。各ワールドのコンビクトが、ワールド内の基本的なルールとすら言える。  しかし、そのコンビクトさえも抗うことのできない、絶対的な支配者が存在する。それが「Telos」の統治者である「アトランティスグループ」である。  アトランティスグループ。カイはそのお抱えのデバッガーだ。通常ならば、コンビクトがそれぞれデバッガーを雇うのだが、カイは類稀なる能力を見染められ、各ワールドのみならず「T」の心臓部とも言える「ラグナロク」へのアクセスも許可されている。  そのラグナロクに、カイとエレナの二人はいるというわけだ。 「んー、Tのハッキングとか興奮するなぁ」  エレナは伸びをしながら、首を左右に振る。久々に腕が鳴るわと言いながら、手首をパキパキと鳴らしていた。  それがほんの五分前の出来事だった。エレナはものの五分で「T」の心臓部に潜り込むことができたということになる。「美貌のウィザード」とメディアで絶賛されていたが、あながち嘘でもない。 「エレナ、本当にアイツがそこにいるの」 「んー、わかんない。正確に言えば、明朝時点ではそこにいたけど、今はそもそもの消息が不明、って感じ」 「消息不明って、つまり、居場所がわからないってこと」 「そう、そういうこと。彼のアカウントは綺麗さっぱり消えてるの。今、この時点においては。ただ、彼が最後にここにいたってことだけはわかってる」  エレナの腕をもってしても消息が掴めない。アカウントが削除されていたならば、それがログとして残る。しかし、そのログが残されていない。ログどころか、あの男がこの世界にいたという痕跡の全てが消えていた。 「あと三百メートルくらい」  エレナが目的地までの距離をカイに伝える。  カイはどこに向かっているか、よくわかっていない。なので、必然的にエレナの後を追う形になっていた。  しかし、カイはここから三百メートルと聞いてピンときた。そこにあるのは、昨日、カイが招き入れられ、恐怖を植え付けられたあの場所だ。  昨日、カイと対峙した人物。アバターこそ達磨髭のイカつい男だが、中身の本人はといえば「Frozen」の異名を持ち、絶対零度の機械だと揶揄されることのある氷の女王だ。  彼女の座すあの空間がこの先にある。カイは昨日、そこに来るよう呼び出しを喰らった。その後、あの男ことフランチェスコの消息が絶たれた。  エレナは、憶測だけれどと断ってから、可能性の話をする。  「幽霊」の話題にやたらと敏感な氷の女王が、あの男の行く末にも何か絡んでいたとすれば……「幽霊」というものが、本当に実在するものだとすれば……氷の女王は、いや、もしかしたら「T」は、何かとんでもない隠し事をしているのかもしれない。 「とんでもないことって、例えば」  カイがエレナに答えを求める。 「それは……アタシにもわからない。でも、きっと氷の女王は何かを握っている。それだけは確かよ」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません