作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「レイラ、放せ……」  ここ数時間程度、全く反応を示さなかったカイがようやく口を開いた。  エレナは横たわるカイの声に気付き、後方を振り返る。しかし、目は閉じたままだった。うなされたのだろう。それでも、生体反応があることにエレナは安堵を覚える。  道標となるようなものなどない広い草原の中、エレナは目を覚ますことのないカイを見守り続けた。 「カイ、大丈夫」  エレナは声をかけるが、カイは未だに眠ったままだ。姫ならば王子のキスで目が覚めると相場が決まっているが、生憎と二人ともそのような柄ではない。  それに、ここは仮想世界。生身がない。優しい熱を伝える術がないのだ。  エレナが胸に溜まっている空気を吐きながら、自分の手をじっと見つめる。本物の肉体ではない。それでも、自分だと言うことのできる自らの化身。アバター。 「今ここにいるアタシは、本当にアタシなのかな……」  あの建物から脱出する際に丸穴を出たあたりから、ノエルの腕を握り締めるまで、エレナの記憶はどうにも曖昧だった。  自分だけれど自分ではない。自分を内側から覗き込んでいるようで、どこにも自分がいないような、そんな感覚だけが残っている。  エレナはこの数時間、そのことばかり考えていた。  「T」には何かが蠢いている。陰謀論などバカげていると思いたいが、あの建物の様子や幽霊話、カイの現状、自分自身に起きたことなどを考えると、どうしても何かしらの裏があると勘繰ってしまう。  カイが目覚めるまでの時間を使い、ネットという大海を泳ぎ続けたが、これらしい収穫を上げることはできなかった。闇雲に探したところで、答えが出ることなど稀なのだ。  そんな時に、「レイラ」というカイの言葉だった。  エレナとカイは、それなりに古い付き合いとはいえ、カイの全てを知っている訳ではない。それでも「レイラ」なる人物をカイの口から聞いたことはなかった。 「君は、本当にカイなの」  エレナはノエルの手をそっと包む。 「ん……」  カイが反応を示す。エレナは反射的にノエルから素早く離れた。  肉体などない。ここにあるものはデータに過ぎない。ノエルを通じて振動がカイに伝わっただけだ。エレナはそう思う。そう思うことにしよう。しかしながら、どうしたってエレナの顔は赤い。  それでも、何事もなかったような声色で尋ねる。 「カイ。具合はどう」  今し方、サッと離れたばかりのエレナが、再び空々しくノエルに駆け寄る。そうして、カイの顔を覗き込んだ。  カイがエレナに呼応するようにして目を開ける。だが、まだ焦点は合っていない。その虚ろな眼差しがエレナを見ているのか、それとも誰か他の人を投影しているのか、それはきっとカイにもわからない。  少しだけ意識を取り戻したのか、カイがエレナの名前を呼ぶ。  カイはそのまま体を起こそうとするも、上手く動くことができない。体は動かすことができないものの、カイの意識は少しずつ戻ってきたことがわかる。エレナはそっと胸を撫で下ろした。 「もう少し横になってて」  エレナはノエルの肩を軽く掴み、ゆっくりと横にする。現実世界のカイがどうなっているかはエレナにはわからない。  しかし、今までどこかでブラックアウトしていたはずだ。リアルでのカイに対し、無事であってほしいとエレナは切に願う。 「エレナ……助かって、良かった」  カイが素直な顔で痛々しく笑う。クソガキの癖に、とエレナは思うが、込み上げるものをグッと堪えた。  カイは横になりながらも、ポツポツと今まで起きていたことを話す。  何か違和感を覚えていたこと。エレナと違う何者かが、エレナの体を動かしていたこと。突然に地面が崩れ出したこと。そうかと思えば、この草原で体が浮き上がったということ。それから、エレナに助けてもらったということ。  エレナは、静かにその話を聞いていた。そうしてカイの話が終わると、エレナはそっと告白をする。 「猫……アタシ、それを観てた。アタシの目線で。でも、アタシじゃない。あれはアタシじゃない」 「エレナと猫が共存していた、ってこと」 「詳しくはわからないけど。そんな感じかもしれない。アタシだけど、アタシじゃない」  深い沈黙が二人の間を過ぎる。 「なぁ、エレナ、これからだけど……」  カイが何を言おうとしているのか、エレナにはわかった。だが、エレナの答えは決まっていた。 「やるに決まってんじゃん。幽霊探し。負けっぱなしなんて、性に合わないよ」  カイの目が潤んでいるように見えるが、モニター越しのエレナにはそこまで明確にはわからなかった。  ノエルがようやくゆっくりと立ち上がろうとしていた。エレナは、ノエルに近付く。  その瞬間に、ノエルが再びガクッと膝から崩れる。 「エ、レナ……」  カイは絶望に歪んだ顔で目の前の女性を見る。カイがいくら操ろうとしても、ノエルを動かすことができない。それだけではなく、カイの眼前にはいつの間にやら、あの虹色の発光体が飛んでいた。見ていると気分が悪くなり、頭がグラグラと揺れる。 「効いてきたみたいだね」  ノエルがそのままバタッと倒れる。  エレナは横たわるノエルに強制シャットダウンを仕掛ける。ハッキング技術に関して、彼女の右に出る者はいない。「人ならざる者」以外を除いては。 「もちろんやるよ。私だけでね」  カイが目覚める。  辺りを見回すも、自分がなぜ床で寝ているのかがわからない。ヘッドセッドをしたまま寝ていたせいか、首と頭が異様に重い。汗のせいか、服もぐっしょりと濡れており、ヘッドセットも湿っぽいので、少し清潔にしないといけなそうだ。  自分が寝ている間に何件かメッセージが来ていたようだ。またもや恐ろしい氷の女王からだったらどうしようかと思うが、今回は女王からの連絡はなかった。  一件、エレナから連絡が来ていた。 『おい、カイ隊員。私のゲームから突然いなくなるとはどういうことなんだい。負けを認めるのかね』  ……俺はエレナのゲームをやっていたのだったっけ。カイは記憶を探るが、どうにも霞がかっている。カイの得意の脳内再生が今回ばかりは作動しないようだ。  とりあえずエレナに連絡をしておこう。カイはそう思い立ち、メッセンジャーを開く。 『エレナのゲームがつまんなすぎて飽きちゃったんだよ。たぶんね』  カイは、そう返答を打って、冷蔵庫から水を取り出すついでに送信ボタンを押す。  ゴッゴッゴと喉を開き、胃の中に水を流し込む。キンキンに冷えた液体が、喉を伝わり、肺の付近を通り、胃の中に溜まって行く。カイはこの瞬間、えも言われぬような感覚に陥る。生きていることを実感する。 『逃げ出したくせに、よく言うよ』  エレナから即レスが返って来た。どうやら暇だな、アイツ。  カイは朦朧としていた頭が少しずつ切り替わっていくのを感じていた。どうして床で寝てしまっていたのかは気にはなるが、考えてもわからないことを考えるのは時間の無駄だ。  無駄なことをするくらいならば、その時間を何か別のことに充てるべきだ。  カイは板チョコを冷蔵庫から取り出し、今度は牛乳をコップに注ぐ。それをいつもの定位置にセットし、再びヘッドセットを装着した。 「エレナのゲームとやら、拝ませていただきましょうかね」  カイは手首を回しながら、画面の起動を待った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません