神様と喜劇俳優
0
0
デビュー ステキユーザー
コメディ 全10話 連載中 第1回マンガ原作大賞応募作
三大喜劇俳優が「笑いの神様」お取り寄せ!俺、神様じゃないんだけど......。 【あらすじ】 超売れっ子人気お笑いタレントの紀藤龍成(きとうたつなり)は何不自由なく、いつも通りの生活を送っていた。 見事にお笑い芸人として夢を叶えた紀藤だったが、繰り返される日常に生き甲斐を感じられなくなっていた。 仕事を終えて帰路につくと、自宅であるマンションの部屋のドアの前に一本のガラス瓶が落ちていた。 そのガラス瓶には一枚の白い紙が入っていて、紙を取り出して見てみると、紙には願い事が書かれていた。  「神様、僕たちに笑いを教えてください!!」 このガラス瓶と紙を持って自宅で眠りにつき、目が覚めると全く見知らぬ場所に居た。 そこは1900年代のイギリスで、紀藤はタイムスリップしていたのだった。 そして、紀藤はある三人の少年に出会った。 この三人の少年の名前は、チャールズ・チャップリン、ジョセフ・フランク・キートン、ハロルド・クレイトン・ロイド。 彼らは、後の世界三大喜劇俳優の三人なのだった。 ひょんなことから、彼らに笑いを教えることになった紀藤。 紀藤が彼らを、世界三大喜劇俳優に導ていくことになるのであった。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません