Worst Friend
0
0
新人作家 ステキユーザー
青春 全10話 完結済み 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
キャッチコピー:結局、悪い子はどちらだった? 夏休み、ブルックリンの大学へ通うケイレブは絶体絶命危機に陥った。成績不振から来期以降の学費を出さないと父親に宣言されたうえ、元カノから妊娠したから中絶の費用を払えと命じられる。小遣い稼ぎに捌いているスマート・ドラッグを抱えた彼が苦肉の策で接触したのは、自らの父親の上司の息子、つまりこの街で幅を利かせるロシアン・マフィアの一人息子、ジェシーだった。恐ろしい噂に反して、飛び級で医学校に進学する予定のジェシーは人の良い箱入り息子、懸命にケイレブの頼みを聞いてくれる。「友達だから親切にするのは当たり前だろう」「何言ってんだ、俺達は友達じゃない」 出会いは運命だった? しかも悪魔が仕組んだのかも。  ニューヨークを舞台に繰り広げられる、虚無感と悪あがきに彩られた不思議な青春小説。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません