言の葉はせせらぎのように
Hearty pledge 〜出会いと別れ、そして…… 〜

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ある日の昼頃、物音がした。  目を覚まして身を起こしてみると、一人の女が佇んでいた。  長い黒髪を背に流し、輪郭の柔らかな瓜実顔に真白な頬、赤い唇は桜桃のようにふっくらとしている。  大層美しい女だった。  一体どこから入って来たのだろうという疑問よりも、女の容姿に目が張り付いていた。  何故か、彼女から目を離すことが出来ない。  そんな私を見ると、女はふわりと微笑んだ。 「わたくし、あなたに逢いに参りました」  初見だ。会ったこともない。  不思議な女だ。私が失念しているだけだろうか?  記憶の中を探っていると、目の前の身体が突然よろけた。  そして、そのまま前方に向かって倒れてくる。  床に接触する寸前で私はその身体を抱き止めた。  羽根のように、軽い身体だ。  長い黒髪が頬に掛かってくる。 「……大丈夫か?」 「すみません。めまいがしたもので……」  腕の中の女と目があった。  虹色水晶のような煌めきが見つめ返してくる。  胸の心臓がドクンと飛び跳ねた。  吸い込まれてしまいそうなその瞳に釘付けとなる。  女は私の背に腕を絡め、縋り付いてきた。  すべすべとした柔らかな肌の感触に、脈が早鐘のように打ち始める。  私は何故か彼女に抗うことが出来なかった。    数刻経った頃、女は静かに私から身を離すと気崩れた着物を直し、どこか名残惜しそうに目を伏せた。 「あなたに逢えて嬉しゅうございました。朝は雲となり、夕方には雨となった時、また此処に参ります。必ずあなたに逢いに行きます。それまであなた、待っていて下さいますか?」  私は静かに肯いた。  不思議と首を横に振ることが出来なかった。  ※ ※ ※  目が覚めると、そこは自分の部屋の中だった。  自分以外、誰もいない。  夢……?  不思議と、腕と唇に柔らかい感触が残っていた。  背中に縋り付かれた腕と指の感触もある。  あれは、本当に夢だったのだろうか?  翌朝、山に紫がかった雲がかかったのを見た。  しかし、夕方になっても雨は降らなかった。  明日はどうだろうか。  その翌朝、やはり山に雲がかかるのを見かけるが、夕方になっても晴れたままだった。  それから私は何日も待ち続けた。  朝、山に紫がかった雲がかかるのは見えても、夕方に雨の降らない日が続いた。  日が昇っては落ち、日が昇っては落ち、数日が過ぎて行く。  自分は女にだまされたのではなかろうかと思い出した。  ※ ※ ※  何日経ったのか分からなくなった、ある日のこと。  朝、山に極めて美しい雲のかかっているのが見えた。  紫がかってはいるのだが、明らかにいつもとは違う雲だ。  陽が傾きかけた頃、静寂の中涼やかな音が聞こえてきた。  ぽたりぽたりと葉を揺らす雫。  まるで、全てを赦し赦される様な優しい響きだ。  母なる海から蒸気となって舞い上がり、雲となった後地上へと舞い戻った残響。  空から零れ落ちて来るのは、玲瓏たる鏡の様に透徹した宝玉のようで、虹入水晶の様に煌めいていた。  ぼんやりと景色を眺めていると、どこか温かい湿気に身体を包み込まれた。  あの日の感触が静かに蘇る。  ああ、彼女は戻って来たのだな、私の側に。  周囲の空気が微笑んでいるように感じた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません