S <また、恋をする>
第25話「混浴と同衾が、なんだって?」

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 間違いようのない、バースデイ。  今年にしたのはナゼだろう? 『自分の死期と、心覇このはに私を継がせるのが今年だからよ』 「へぇ。本当に愛されて――ん? 四月十日? 明後日じゃん!」 「え、ああ、うん」 「言ってよ! お祝いするから!」 「いやぁ、新学期でなにかと忙しいだろうと思って」  心のドキワクもまだ納まっていない時期だろうし。事実オレたちまだ部活をどうするかも決めてない。 「だからってスルーしたら後悔するとこだったよ」  ……後悔、してくれるのか。 「するよ」  そいつは、なんと言うか……とても嬉しい。 「あ、わたしは十二月一日ね」 「うん。覚えとく」  ちゃんと祝おう。忘れることのないように心とカレンダーに刻んでおこう。  オレが嬉しいと言うことは他の人もそうだろうから。 「右に十、と」  回し終えた。すると鍵穴が浮き上がって横にスライドして、懐中時計をはめる台が出てきた。  良くできているなぁ。  オレは懐中時計を手にし、台へとはめる。  カチン、と鍵の外れる音がした。 『ここは開き戸ではなくて引き分け戸よ』 「うん」  扉を左右に開く。  未知なる部屋に、いざ突入。 「……いや、ムリ」  突入しようと思ったのだけれど、部屋の中を見てオレの脚はピタリと止まった。  止めざるを得まい。中がこれでは……。 「わぁお……」  ほら、心魅このみさんも呆然としている。 『どうかしたかしら?』  正気なのは一夜いちやだけだ。 「一夜……キミ、こんな大豪邸に住んでいたの?」  そう。一夜のお家。それを見て固まったのだ。  だって、三階全てを埋めるほどの木造りの大豪邸だったのだから。  基本は和の館。全て木でできているようで――色を塗られてはいるが瓦もだ――、上は二階まで。  しかし横にとにかく広い。広すぎる。  館の中心には庭まであるし――ここは土と苔と水が使用されている――。  あ、奥の角だけ洋の尖塔が見える。洋間だろうか。 『豪邸かしら?』  自覚なかった。 「これを移動させるのは……そもそも置くスペースがうちにはないよ」 『え~?』  唇を尖らせる一夜。せっかくの端正な顔立ちが台なしだが可愛いなこんにゃろ。 「どうするかな……」 『良いこと心覇? このお家を持っていけないと言うことはまた混浴と同衾よ?』 「ああ、うん……」  それは困るな。心がすり減る。 「混浴と同衾が、なんだって?」 「う」  これまでに聞いた覚えがないレベルのドスがきいた女の子の声。無論、心魅さんからである。  しまった……混浴と同衾についてはあえて話さなかったのに……! 「教えてくれる? 心覇くん?」  うあ……笑顔なのに超怖い……。 「えっと……」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません