青春 全1話 完結済み
地元に残る私と東京に旅立つ彼。 けれど、私は彼に言わなければならないことがあった。 水色の中で前向きな一歩が踏み出せる物語。 (三月のパンタシアの楽曲『透明色』の基となる小説です。)

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500
とっしー 2020/09/20 08:14

ぷすくん意識して? 「ツユ」明けだったり高校中退してるところ好き