短編・屋敷
コメディ 全1話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
家を失った妻と私は、鬼頭氏の屋敷に住むことになりました。 主従。 ご主人様の命令は絶対です。 鬼頭氏の寝室から聞こえる妻の嬌声に、私は震えます。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません