作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 夜を十重とえ二十重はたえにし、旅路を一夜のたびに数えて、刻まれた物語はひとまず閉じる。  石も崩れ、星も枯れ、旅も終わる。すべて存在は死に向かい、すべて存在はその命を全うする。  されど、ゆめ泣き暮れることなかれ、すべて存在は道を繋ぐ。  石はまた生まれ、星もまた生まれ、旅人たちの歩みがまた新しく足跡を刻む。  物語は、すべて存在を繋ぐだろう。貴方に届くために。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません