幻想地球系の旅人たち
スピカ/黒瑪瑙

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 今夜の客人はスピカの祝福をうけた旅人。探し物は、薔薇の秘密からできた鍵。 「曲げなくてはならない未来があってね、探しているんだ」  ”under the rose” ―― 薔薇の下で交わされた言葉は秘密になる。それは暗黙の了解。  その秘密から生まれる鍵は、薔薇の色をしているのだろうか。 「さて、ね。そもそも、いわゆる鍵の、あの形をしているものかも分からないが」  それでも、旅を続けることに迷いはないのだ、と旅人は薄く笑みを浮かべた。  鍵は、愛したものの未来を曲げるために。  待つのはそれほどに耐えがたい光景なのだろうか。 「さて、曲げて幸福が約束されるなら、これほど楽な話はない、のだがね。悲劇が待ち構えているだけかもしれないな」  曲げた先に何が待つのか、旅人は知らない。 「吉と出るか凶と出るか、鬼が出るか蛇が出るか。……結末は神のみぞ、かな」  知る気もない、と、目を細める。 「――それでも? それでも。曲げずにはおれないから、その為に私は旅をする」  口元には笑み。目もまた穏やかに微笑んで――けれど、言葉だけが鋭く、夜気にその穂先をうずめる。  星明かりだけが支配する夜空で、ちら、と銀の星がまたたいた。  銀色はスピカ。乙女が抱いた麦の穂先と言われる、旅人が祝福をうけた星。  その輝きをしばし眺めて、旅人が一口、酒杯をあおる。 「真珠星と言われてから、スピカが真珠にしか見えなくなってね」  懐かしむように、そっと夜へ言葉が落ちた。  こちらに視線を戻し、肩をすくめてみせる。カノープスの祝福を持つ旅人が、そんな話をしていったそうだ。 「あいつも探し物が、と言っていたかな。面倒だから、かち合うことがなければいいのだけどね」  星はスピカ、蒼白に煌めく穂先。石は黒瑪瑙、深淵を映した深みの闇。  桜の下にはしかばねが、薔薇の下には? 秘め事が。 「そして旅人は鍵を求める。運命さえもねじ伏せるため、薔薇の秘密から生まれる鍵を、ね」  囁くように小声で唄い、旅人は微笑む。愛おしそうに、黒瑪瑙の痣に手を添えて。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません