孤高の才人は誰が為に
0
0
ステキユーザー 新人作家
純文学 全8話 完結済み 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
「私の眼は修羅のそれだ。皆この眼を恐れて私に近づこうとはしない」 流離と孤高。 その二つを体現し、絶対の孤独を抱きながらも絵を描き続ける天才、夏嶋東二郎はある日、街の外れで一人の少女を拾う。 「私ならその孤独、慰めてあげられるかもしれないよ」 ――多くの芸術家が生き、やがて身を滅ぼした郷愁の街、尾道で紡がれる、一人の男の愚かさと過ちを描いた群像劇。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません