居待ち月
7,少し怖い朔と微笑む望とパンを食べる

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 松葉杖で階段を上り下りするのが大変なのだと言われれば、断るわけにはいかない。だが、正直なところ、朔のことが少し怖い。  ぶっきらぼうなのは体調のせいだとわかっていても、にこやかで物腰の柔らかい望ならばともかく、彼とうまく話せるだろうか。だが、ここで働くのならば、そんなことも言っていられない。  陽太は、ドキドキしながら階段を上がる。朔の部屋は、二階の廊下の突き当りだという。   「あの、すいません」  陽太は、恐る恐るドアをノックする。返事がないので、もう一度。 「すいません。朔さん……」  どうしよう。もう少し待つべきか、それとも……。困っていると、やがて奥で足音がして、ようやくドアが開いた。   「何」  無表情にこちらを見る彼は、やっぱり少し怖い。 「えぇと、望さんが、呼んで来てほしいって。お昼ご飯です」  まさか怒りはしないだろうが、いらないと言われたらどうしよう。そう思ったが、朔がぼそっと言った。 「わかった」  陽太の後からキッチンに入って行った朔を見て、望が微笑んだ。 「朔ちゃん、三人でお昼にしよう。彼は城戸陽太くん。さっそく買い物に行って来てくれたんだよ」  朔は無言のまま陽太の横を通って、食卓の椅子にどさりと座る。望は、コーヒーを淹れる用意をしているところだ。 「手伝います」  陽太は急いでそばに行く。松葉杖をつきながらの作業は、やはり大変そうだ。 「ありがとう。助かるよ」  朔は、相変わらず無言のまま、あらぬ方向に視線を向けている。     「いただきます。どれもおいしそうだね」  望がテーブルの上のパンを眺めながら言う。 「どんなのがいいかわからなくて、適当に買ってきちゃったんですけど」  それに、どのくらいの量を買えばいいのかもわからなくて、ちゃんと聞いておけばよかったと後悔したのだった。 「これで十分だよ。ねぇ朔ちゃん」 「あぁ」  そう言って、朔が目の前のパンを無造作に手に取る。望が言った。 「陽太くんもたくさん食べて」 「はい……」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません