空の青に足りない。
純文学 全10話 完結済み
「ごめんなさい」 メッセージは、その件名で終わっている。 二ヶ月前の日付を刻んで、凌(しのぐ)をそこに置き去りにした。 二人の間は、恋にはならなかった。 凌がひとり、空回りしただけ。 (期間限定公開です)

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500
つこさん。 2020/07/28 01:41

>街の修理屋さま ありがとうございます、うれしいです! がんばって書きました!

街の修理屋 2020/07/25 19:08

訪れたことのない異国の情景がリアルに浮かんできました。とてもステキな文章です。