作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「ふっ…………?!」  思い出したくもなかった悪夢を思い出し、先程まで眠っていた崇人は目を開け寝ていた自分の半身を起き上がらせる。起き上がる際体のいいたる所から鈍痛が生まれ、更に悪夢のせいか寝汗をびっしょりとかいているせいか体の違和感が凄まじいがそれは一旦おいておき周りを見る。  清潔な白で統一されたリネンや建物の内観、更に近くにおいてあったナースコール用のボタンや自分が寝ているベッドを囲むように置かれているカーテンなどをみるとここが病院ということがわかる。  自分は先程まで不審者と犬の怪物に襲われていたはず、だだしかしよく見れば窓からは明るい陽の光が差し込んでおり、すでに夜が明けていた。  と周りを見ていたその時であった。この病室のドアがいきなり開く音が聞こえ、カーテン越しに崇人が体を起こしていることに気がついたらしいその人物はまっすぐコチラの方へと歩きカーテンを開ける。  そこに立っていたのはよれたスーツを着て、無造作な黒髪に無精髭が目立つガッシリとした体格の中年男性であった。 「お、やっと目が覚めたか。三善崇人君、でいいかな?」 「………はい、あなたは?」 「私か?私は武智たけちあきら。一応、刑事をやっている。昨晩の暴力事件のことについて色々と聞きたいことがある。なんでもいいわかることがあったら教えてくれるかな?」 「………わかりました。お、僕の話でよければ」  そう言うと崇人は昨日の話の経緯を自分がしる限り事細かに話す。家を待ち伏せされたこと、そこから逃げたこと、家族が心配になったため戻ってきたこと。そこで暴行を受けたこと………あの正体不明の怪物のことは信じてもらえないと思ったため言わずにおいたが。 「なるほどわかった。それで、君には教えておこう。 現在、犯人は逃走し行方がつかめていない。そのため入院後もしばらくは警察が君と一緒に襲われた友人の警護につくことになった」 「逃走中………ということは誰が犯人なのかわかったんですか?」 「ああ。血痕が残ってそれをDNA鑑定にかけてな。………本当は秘密なんだが、君は被害者だ。だから特別に教える。  容疑者の名前は藤岡ふじおか雄二ゆうじ。私立御乙宮高等学校の学生だ。」  御乙宮、という学校の名前に何かを感じ取った崇人に対し武智は写真を一枚崇人に渡す。その写真は格好から見て運動部の集合写真であり、おそらく件の藤岡と呼ばれた人物に赤ペンで丸が付けられていた。  まるで囲まれた人物を見て、思わず崇人は戦慄し息を詰める。そう写真に写っていた人物は昨日のバスケの試合で最後に対戦した学校の主将と同じ顔であったのだ。 「まさか……っ!!」 「ああ君の思うとおりだ。藤岡は、君の学校が昨日部活の試合で対戦し、勝ったスポーツの名門、御乙宮のバスケ部キャプテンを務めていた。  多分、君を狙ったのはその関係だろうな」 「そんな、たかだか部活の試合で………!!それに俺も健太も反則なんて1つもしていないッ!!恨まれるいわれなんて……!!」 「落ち着きなさい。とにかくそう時間はかからず藤岡は拘束できるはずだ。君は安心して体を休め………」  と、その時であった。病室のドアがいきなり開くと息を切らしたスーツを着た若い男が入ってくる。武智は若い男性の行為に腹が立ったのか舌打ちをしつつ座っていた椅子から立ち上がり叱る為近寄る。 「おい、病室だぞ。入るときはノックぐらい………」 「それどころじゃないんです!!先程B班がコンビニいた藤岡を発見し、刑事の言う通り遠くから監視しようとしたそうですが、  気づかれてB班は全滅、藤岡は逃走したと連絡がありました!!」  若い警察官の報告に武智はわずかに冷や汗を流すもゆっくりと呼吸を整え、目の前にいる自分の部下に確認を始める。 「………被害現場、藤岡がいたっていうコンビニは一体どこだ?」 「は、はい!!天上町一丁目の市営コンビニ「トゥモロー」です!!」 「チッ、やっぱりかそこは………!!」 「天上院学園の、すぐ近くのコンビニじゃないですか………!!まさかあいつ、健太を!!」  彼の報告に強烈な焦燥感を感じた崇人は、飛び上がるようにベッドから立ち上がろうとするも痛みのせいで、病室の床に倒れ込んでしまう。それもそのはず、奇跡的に五体満足で障害になるような怪我もなかったものの、普通の動物の何倍もの力を持つ怪物にぶつかられ、さらにその反動で木に体を打ちつけたのである。  まだベッドで体を動かすだけならともかく、立ち上がるなど不可能なのである。武智は床で倒れる崇人を持ち上げベッドへと再び寝かせると部下の方を向き指示を出す。 「………お前はこの子の護衛に加わってくれ。俺は天上院学園に向かう」 「そんな刑事、無茶です!!たった一人で行くなんて………!!」 「………お前らには説明しただろう。藤岡の力は、俺や桜庭と同種の力だ。下手に人数行っても死体が増えるだけ。  今はこれが最善だ、返事は?!」 「は、はいっ!!!」  部下の返事を聞き終えると、武智は足早に病室から出ていく。その姿からは凄まじい切迫感を感じ崇人は声をかけることができなかった。そんな微妙な雰囲気に反応したのか、若い警察官は崇人を励ますように話しかける。 「と、とにかく君は僕たちが守る。今は体をしっかり休めて………」 【ふふふ、無理だよ。怪異憑きでもない人間が怪異から人を守るなんて】 「ッッ?!!な、何っっっ?!!」  突然後ろから聞こえた鈴を鳴らすような軽やかな嘲り声に若い警官は急いで振り向くがその瞬間、なにか凄まじい力で顔を横薙ぎに殴られ壁に叩きつけられ気絶してしまった。あまりの突然の出来事にベッドで寝かされた崇人も目を見開き、あまりにも大きな衝撃からか警官を殴ったそれから、人の形をした黒い靄から目を離せなくなってしまう。 「お、お前は………何だ?!」 【ふふふ、はじめまして。私は『因果』の怪異、よろしくねお兄さん☆】

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません