豪奢、静寂、逸楽
純文学 全2話 完結済み 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
現代社会の殺伐としたムードの中でも、多くの人がサクセスを目指していた。……自宅で飲酒していると見知らぬ男に「お前の人生は間違っている」と断言される。私はそのことを否定する自信がない……一方、サラリーマン兼田マグオは何となく言った「ゴリラの着ぐるみが陽気な音楽に合わせて腰を振り、パンケーキを出すお店『ゴリパン』」を提案し……現代の殺伐とした社会で生きる人々の健気な姿。希望溢れる世界。虚飾のないありのままの姿を、コラージュ的な手法で描いた作品。※スマイル推進教室の部分はほぼノンフィクションです。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません