先生と私
ヒューマンドラマ 全6話 連載中
高校生だった私は、八方塞がりで学校にも家にも居場所はなかった。漠然とした生きづらさを抱えて、生きることより死が身近になってゆく。 最寄りの大学病院の心療内科からも精神科の受診をすすめられる。信じられるものは、音楽と文学だけだった。 そんな私に寄り添ってくれる人々に出会い、別れを経験しながら成長していく物語。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません