僕は重たい扉を押した
ステキユーザー デビュー
純文学 全2話 完結済み
長い間ずっと探し物をしているうちに、探し物をするという行為自体に没頭してしまい、あれ、そういえばおれは一体なにを探していたのだっけ? と間抜けな自問をはじめることになる。そこから地獄が始まる。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません