confusion&relief
わたしの男 1

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

    「結局ただのいい訳よね」  ひとつため息をついて玲奈がいった。 「自己満足でしょ。悠人の気持なんかぜんぜん考えてないわ」 「だから、傷つけたことをあやまりたいだけなの」  しつこいな。玲奈の目がさらに険しくなる。 「いまさらなのよ。わかってないわね。そんなのはもういらないの」  それに、と玲奈はきりっとにらみつける。 「理由はどうであれ、昔の女が付きまとうのが目障りなのよ。じゃまでムカつくわ。あなたが消えるのが悠人にもわたしにも最善なのよ。あなたの気持なんてどうでもいい」  なおも口を開こうとする佳乃を玲奈はさえぎった。 「まだなにかいう気? ほんと空気を読まないわね。時間の無駄よ。悠人に聞かせる価値もない。もう終わったことだし、悠人には関係ないもの。これ以上じゃましないで」  悠人のじゃまをするヤツは、何人なんぴとたりともゆるさない。怒りが爆発しそうなのを、必死でこらえてできるだけ静かにいった。玲奈はバッグからクリアファイルを取り出した。  青ざめてだまりこんでしまった佳乃に一枚の紙を突きつける。 「これに署名捺印して」 「えっ?」    誓約書  わたくし加藤佳乃は、今後一切.future及び森悠人に接触いたしません。 「いつのまに……」  唖然とする涼太郎をよそに、玲奈はボールペン、印鑑、朱肉を並べた。 「印鑑は百均で買ってきてあげたわ。感謝してね。さ、書いて」  思わず涼太郎は吹きだした。 「いやいや、またこれを見るとは……」 「コレクションになりつつあるわね」  戸惑いを見せる佳乃に、玲奈は追い打ちをかける。 「ほら、はやく。拒否する権利はあなたにはないのよ」  追い立てるようにふるえる彼女にペンを握らせ、署名させる。それから印鑑にていねいに朱肉をつけて渡してやる。佳乃は観念したように印鑑を押した。ひったくるようにその紙を取り上げて確認をする。 「じゃあ、これ持って」  誓約書を佳乃に持たせると、その姿を写真に撮る。あとで書いてないとかいわれると面倒だから、と玲奈はいった。 「印鑑はさしあげるわ」  そういうと、誓約書をもとのクリアファイルに収めた。 「あんたなんか、この紙きれ一枚で封じ込める程度の存在なのよ。わかった?」  玲奈は青ざめた彼女に、冷酷にいい放った。それを見て、涼太郎は立ちあがった。 「どうぞゆっくり食べてって」  手つかずの料理を指した。  玲奈も立ちあがった。 「悠人にはわたしがついてるから、御心配なく。あなたはさっさと島に帰って海底漂ってなさい」  いまにも泣きだしそうな佳乃を残してふたりは店を出た。  店を出てつかまえたタクシーに乗りこむ。ふたりで、はあっと大きなため息をついた。 「悠人はあれのどこがよかったのかな」  玲奈の本音がこぼれた。 「正直、俺もわからないんだよな。高校卒業してからは会うことも少なかったし。俺と佳乃の接点もあまりなかったしな」 「そうか」 「気にするな。昔のことだ。悠人も若かったし、別れた後で変わったこともあるだろう」 「そうね」  玲奈のもやもやはいまいち晴れないが。  見事な玲奈節だったな、と涼太郎は思った。これを見たのはあれ以来二度目だ。悠人のために必死なんだなぁと改めて思う。  今回はもちろんだけれど、前回だって悠人がいなければ、あるいは悠人の気持が玲奈に向いていなければ、なかったはずだ。離婚に踏ん切りがつかなくて、いまだにぐずぐずと三角関係を続けていたかもしれない。  きょうだって相当腹が立っていたはずなのに、それを押し殺して冷静に理路整然と佳乃を追いつめた。ぐうの音も出ないほどに。  愛なんだなぁ。そう思ったらふっと笑ってしまった。 「なに?」  場違いな笑いに、玲奈の声に険が混じる。 「いや、きみを敵にはまわしたくないな。おそろしい」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません