ようこそ、ドロボーさん
ようこそ、ドロボーさん

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 俺は小さいころから、ドロボーを見つけるのが得意だった。理由は分からないが、よくドロボーを見つけていた。そして警察になり、その特技を活かしてドロボー逮捕のスペシャリストとして活躍した。定年まで活躍した。  と、ここまでならそんな自叙伝を書いてもいいが、今はその経験を活かしてドロボーをしているんだよね。定年退職したら熟年離婚し、元妻は敏腕弁護士を雇って俺の年金をほとんど奪いやがった。  だから今はドロボー生活をしている。元警察が今はドロボー。笑えない話だが、こっちも生活がある。長年の経験と勘で、どの家のどこの部分に金目の物があるか分かった。それに証拠を残さない方法も分かる。だって警察がどこを調べるか分かるから、そこを注意すればいいんだもん。  さて。今日も頑張るぞ。ん? 何だ。この家の防犯体制は。豪邸なのに隙だらけだ。泥棒に入ってくれとアピールしているようなものだ。長年の警察の勘とドロボーの勘がそうささやく。  とにかく入ってみよう。  おお。やはり金庫はこの部屋にあったか。そして金庫を開けてお宝は……?  何だ、この免許の数は。老若男女に玉石混合。  たしかプロファイリングでは、連続殺人犯はコレクターとして殺した相手の何かを収集する癖があるという。  まさか、資産家を殺してこの豪邸を建てたのか。大切な金庫にこんな物を入れるんだからそれ以外は考えられない。とにかく金目の物がないなら、さっさとオサラバしよう。  部屋を出ようとしたら、ドアに鍵が掛かっていた。窓も鍵が掛かっていた。どちらも開かない。  まずい。金庫を開けたらこんな防犯装置が作動するのか。窓を壊そうとしたが強化ガラスで割れない。俺のドロボー生活は万事休すか。  足音が聞こえる。  ん? 足音が一人だぞ。警察は犯人逮捕に二人以上で行動するのに。もしかして家人か? とにかく一人なら何とかなる。警察とドロボーで鍛えたこの脚力で何とかなるかもしれないぞ。  そしてドアが開いた。細い体をした若い男が一人。チャンス。 「おいコラッ! 俺はドロボーだ。命が惜しかったらそこをどけっ!」  そして  若い男に跳びかかった――声が出ない。気づけば床に転がっていた。俺は男を見上げた。薄ら笑いを浮かべて、スタンガンを手に持っている。 「二ヶ月ぶりの獲物だ」 「獲物だと。まさかあの免許は」  男は俺の言葉に答えず、注射器を取り出して俺に刺した。体から力がグニャリと抜けた。 「僕はこの世からドロボーを無くすのが使命なんだ」  体がコンニャクのようになってしまった俺は、男に引きずられて地下室に連れて行かれた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません