紫乃遼のニッチな川柳歌
2021年2月8日「この世の苦しみ」

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

薬が切れた。 それで絶望というと「は?」と思われそうですが、 「新薬が出るまでのつなぎの薬が全種類切れた」 というとこの絶望も伝わりますかね。 絶え間ない全身の痛みに襲われながら、 苦しいとすら言えないままで、 そう思うととてもつらいですね。 なんて、他人事にしなければ耐えられそうにありません。 痛みをや この世の苦しみ なかりせば 天《そら》へと伸ばす 手は届くまい 苦しみがあるからこそ救いがある。 そう思いたい。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません