紫乃遼のニッチな川柳歌
2021年2月11日「契り千切れて」

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

スマホを触ることすら困難だった昨日の午後から。 かろうじてやるべきことを午前に済ませていたのは救いですね。 今は食事せず薬を飲み続けた腹痛にうなされています笑 トイレにすら自由に行けない脚はとても面倒です。 新薬が四月に、とのお話が昨年あったのですが、 コロナで認可が遅れている様子。 外国ではもう承認されたというのに。 今の免疫抑制剤をなんとか四月までもたせる約束だったのに、 強くなる副作用に負けています。 朧世よ 契り千切れて 尚絡め いざ逝かむとす その最期《とき》までは 確かなことなどない、約束も破られ破ってしまう。 それでも「今なら死んでいい」と思えるときまでは、 こんな不確かな世でも生きていたいのです。 うむ、ダークだな。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません