紫乃遼のニッチな川柳歌
2021年2月23日「風呂倒す毎」

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「自分優秀すぎると思う」(髪の毛サラッ そう言うと笑われましたが、 「休む」 と昨日から宣言していた割にはやることやってるし、 (まあ寝ていたけれども) 昨日点滴して吐いてた人間とは思えない(親指の)働きを見せています笑 (わたしも笑ってるね) 今はがんばってお風呂に入り、脚の痙攣に耐えつつ…ですがそれはさておき、 お風呂に入ることを「風呂を倒す」と言うそうですね。 はじめは「浴槽を倒す」ことかと思いましたが、入浴が命がけになってわかりました。 「風呂という敵を倒す」ことなんですね。 そんな歌。 身体と精神《モノココロ》 風呂倒す毎 頑強に 湯治とかもありますが、一度温泉で溺れかけて救出されてからは温泉にビビりまくっています。 (体が温まると力が入らなくなる難病なので、お風呂での死亡例もあります…) そんな恐怖のお風呂。 倒すごとに体も心も健康になればいいのにな。 そんな願望です。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません