紫乃遼のニッチな川柳歌
2021年2月14日「刺さる取っ手の」

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

バレンタインデー。 うきうきドキドキしてチョコを渡したのも懐かしく、今はただ 「闘病に休みはない」 と思うばかり。 唯一、バレンタイン用に短編を別サイトで書きました。 https://estar.jp/novels/25778761 それくらいで。 去年の今頃は入院していたかな? 入院前だったかな? 今日は朝から痙攣で両脚動かず、 ついでに首の痙攣も起きて1分窒息しました。 「窒息が1分半以上続いて意識がなくなれば救急車を呼んでください」 と頼んでいるので、救急沙汰にならず良かったです。 そんな日の歌。 バレンタイン 刺さる取っ手の 鋭角は 胸より背から 突き抜けるので バレンタインだけど頑張って歩こうとして転倒する直前に激しく背中を打った。 そこには鋭角の取っ手があって、キューピットの矢が胸に刺さるよりもずっと深く突き抜けるほどに、 鋭角を感じるバレンタインでした。 そのまんまです。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません