短編小説『お詫び』
0
1
レビュワー ステキユーザー 新人作家
コメディ 全1話 完結済み
健次郎は妻と娘の買い物に付き合わされてうんざりしていた。コーヒーショップでひとり息抜きする健次郎の耳に、飛び込んできたお詫びとは?

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません