作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「お邪魔しますやの」  窓からひっそり入り込む。ここまでは順調。  あとは、活きの良い男からせーえきを奪うだけ。かんたん、簡単やの。  ベッドですやすや気持ちよさそうに寝てる男に近づく。活きの良い男やの。きっと良質な体液を持ってて、精力に満ち満ちてるの。  瓶に詰めて置いてるなんて、食ってくれと言ってるようなもんやの。瓶を奪って退散!  入ってきた時と違う窓から出て、屋根にお座りする。  奪った瓶をこじ開けて、中身を飲み干した。 「…………ちがう。これ、牛乳やの」  また失敗した。  これで通算366回目!  毎日牛乳飲んで健康的ー! なんて笑ってられへん。  寝室に牛乳を置くなんて間違ってるやの!  わざとこぼしてお布団を臭くしてやりたいやの!  しょうがないから、次の獲物をさがそ。香りでわかる。活きの良い男が近くにいる。  もし人間が起きても、サキュバスのウチには、魅力チャームがある。メロメロにして、たっぷり搾り取ってやるだけやの!  月光を背に浴びながら屋根から屋根へ。  男の匂いが濃くなった。この家やの!  窓から入って、長い廊下を歩く。  なかなか大きなお家やの。さぞかし良いものを食べてるんやろなぁ。ウチもそろそろ良いせーえきが欲しい。  匂いを辿って寝室にもぐりこめた。男はベッドでもぞもぞしてる。とても良い香りの白い液体がコップに入ってる。手に取って飲み干した。おいしい牛乳やの。もう騙されへんの!  寝てるなら、夢の世界に入り込んで――……。 「ぎゃっ!?」 「何ですか貴女」  夢に入ろうと上に乗っかってキスしようとしたら、ツノを掴まれて、ポイって投げ捨てられた。いたい……。  でも、起きたら起きたで、ウチには魅了があるの! メロメロにしてあげるやの! 「……貴女が最近この辺で噂になっている牛乳泥棒ですか」  あれ? 効いてへん? 普通ならメロメロになって何にもできへんくなるはずやのに。 「まあ、何でも良いですが、私が翌朝楽しみにしていた特濃生乳を飲み干した罪は重いです。神が許しても私は許しません」 「神なんて、ウチには関係無いやの!」 「よく見たら、すごく露出してますね。お腹冷やしませんか?」  急に優しくなったやの? やっぱり魅了効いてる? ウチにメロメロになってる? それなら、せーえきを搾り取ってやらなきゃ! 「寒いから、あなたに暖めて欲しいの。ウチをベッドに入れて?」  ぴったりくっついて上目遣いでおねだり。これで完璧!  やと思ったら、ツノを掴まれてポイってされた。 「何でそんな雑な扱いやの!?」 「サキュバスを丁寧に扱うわけないでしょう。私はこの町の教会の責任者ですし」  これは完全にウチの負けやの。  まさか聖職者の家に入ってまうなんて……。祓われる前に逃げなきゃ。  回れ右をしたところで、尻尾を引っ張られた。痛い。 「逃げるな」 「痛いから離して!」 「離したら逃げるでしょうが。とりあえず、貴女には、今まで町中で飲んだ牛乳分働いてもらいます」 「それなら身体で支払うやの」 「貴女にエサをやるような馬鹿な真似はしませんよ。ですが、主もサキュバスに慈悲を与えるでしょうから、3日に一度は慈悲を与えましょう」 「神父様のせーえきくれるん?」 「いえ。牛乳です」 「そんなぁ……」 「今すぐエクソシストに祓われるか、ここで私の手伝いをするか選べ」 「……ここで働かせてください」  こうして、ウチは教会のお手伝いをすることになった。悔しい!

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません