夢のお知らせ
真偉の夢占い・しがらみ2

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

一方、啓吾は四国の高知にいた。 四国遍路。昨年役所を退職して、退職したら四国遍路を何年かに分けて、全て徒歩で廻ろうと計画していた。     札幌はすでに雪も近いのか、雪虫が舞い始めた11月、一人旅に出ていた。    先方から声を掛けられた。 髪の薄い、老けた女性で、ホンゴウさんと弱々しい声で呼ばれ、誰か判らなかった。     名前を言われても、申し訳ない位にさっぱり判らず、、人違いではないかと問うと。  「昔、東京の銀座で、ホステスを、、、あの、、ミチというクラブ、、ホンゴウケイゴさんじゃないですか、、。  」    そう言われて、はっとした。    昔、昔、自分が40代の頃、、何度か仕事がらみで行き、そこで働いていた、、確か、アツコだったか、、2度ほど、、ハメを外した。    粘っこい女で、妻の真知子とは真逆の女だった。   それにしても老け方に驚く。    商店街での立ち話だったが、癌で入院中とか。       啓吾は納得する。   それで顔色も土色で、髪は若い時から、染めたり、パーマをかけたり、いじりすぎると、年をとった時に、薄毛になり、髪の質も藁のようになるとは、妻の真知子がよく言っていた事。     たった2度だけ情を交わした、、そんなものでも覚えているものかと、一瞬はぞっとしたが。       単身赴任の啓吾に真知子はハッキリ言った。10才も年下のはずが。    「しがらみを作らないようにして下さい」     利口な真知子は、ある意味では怖い存在だった。   自分の目的の為には、集中して努力する。非常に意志が強く、頭も良い。   大学も行かず、働きながら、税理士や不動産鑑定士の資格を独学で取ってしまうのだから。    離れて暮らしていても、油断は出来ない、全てお見通しのはず。   しがらみ、そう、真面目な啓吾は、その、しがらみに注意して生きていた。    可哀想とか、義理とか、縛られたくないと考えていた。     そのクラブには行かないようにした。  そのアツコという女は、別れ際に、すがる女だったから、、。 また、会ってほしい、、。愛人にして、、私、尽くします、、。   啓吾は、思い出しながら、いやはや、、避けていて良かったと感じた。    しかし、しかし、そこは、真面目で律儀な啓吾。   実家の両親はすでに亡く、これから手術だというアツコに、病院を聞き、日を改めて見舞いに行った。   花と見舞金に10万ほどを渡し、頑張るように言い病室を出たが。                       🥀 

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません