夢のお知らせ
真偉の夢占い・しがらみ1

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 1週間、月曜日の定休日を除き、毎日、娘の会社に通った賢太郎は、きっちり1週間で、やめて、今までの日常に戻った。     剣道の道場と碁会所通いに戻った。  賢太郎は退職して念願の札幌で住むようになってから和服生活をしている。  恰幅がよく、強面でもないが、厳格な性質が顔にも出ていて、なぜか恐がる人もいる。     見極めの正確な人で、それは家族も承知していて、賢太郎が終わったと言えば、どうしてと聞き咎めることもしない。     「これからは、問い合わせの電話も減るはずだ。 かかってきたら、金曜日に担当者が来ると伝えるようにした。   俺は毎週、金曜日に電話当番にしばらくは行くよ。   この1週間で、話を聞いてみた方がよいと思ったのは4人。   週に1名だけ受けることにした。 水曜の午後2時に。   予約にした。   真偉は来週の水曜、忘れずに。 一応、俺も同席する、何かあったら心配だからな。」      このような次第で、真偉の夢占いは始まったのだが。            🥀

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません