クロスボール
青春 全3話 連載中
中学2年で迎えたケイシの県大会は、ピッチでも、ベンチでもない。観客席の中だった。ロスタイム、コーナーから蹴りあげられてボールは、幼馴染みのハルト目掛けて飛んでいく。ハルトは誰よりも、高く、高く飛んだ。ボールは、吸い込まれるようにネットを揺らした。弱小チームが、ハルトの活躍で、地区予選を突破する。まるで、ハルトに与えられたストーリーが突然、動き出したかのように。ハルトとの距離は、気がつかないうちに大きくなっていた。ハルトの背中はずっとずっと遠い。もがきながらケイシは自分を見つめ直していく。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません