地下水脈
純文学 全33話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
明け方、夫が急死した。自宅のソファーでの突然死。 それから数ヶ月、あちらの世界に近い場所で、精神は潜伏した。 日記として綴られた言葉たちに、語ってもらうしかない。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません