作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「演出家の西園寺さいおんじ先生、知っとるやろ」 「ああ」  演劇界では有名な『西園寺企画』という劇団を主宰している西園寺は、テレビでも活躍が報じられるような演出家の男だ。初老の年齢だが精力的に活動している。 「その西園寺先生がな、次の芝居で俺の脚本を使いたいって言うてきたんや。すごいやろ!」  演劇界の重鎮が小さな劇団の脚本家に声をかけるなんて、奇跡的なことである。 「ほんとかよ!」 「ほんまやねん。この前の夏公演を、こっそり観に来てくれとったんやって。ほんで俺の脚本を気に入ってくれたらしい!」  京介は興奮で鼻息を荒くした。  暁翔も体が熱くなる。夢のような話だ。しかし京介が先ほど吐いた、盛大な溜息が気になる。 「すごいけど……何か問題があるんじゃないのか?」  尋ねた途端、京介が顔を強ばらせ、ガバッと頭を下げた。 「すまん! 実はそうなんや。西園寺企画の舞台と、リアルの冬公演の開催時期が近いねん。そやからリアルの脚本は書けへん。おまけに、西園寺企画にちょい役として出演する約束をしてもうた。ちゅうわけでリアルの稽古にも出れへん。冬公演は完全に不参加にさせてほしい」 「不参加って……」  二つの劇団の公演時期が被っている。京介としては当然『西園寺企画』を優先するだろう。となれば『劇団リアル』に関わる時間はない。  しかし『劇団リアル』は京介が脚本を書き、彼がメインキャストを演じる、松本京介が主体の劇団である。観客は京介の出演を楽しみにしている。  西園寺からの依頼は喜ばしい話だけれど、彼を抜きにして公演が成り立つとは思えない。 「冬公演の脚本は既成のものを探してきた。この脚本で、暁翔に演出を頼みたい。暁翔ならおもろい舞台を作れると思う」 「おいおい、京介不在でも冬公演をやれって言うのか? もう休演でいいんじゃないのか?」  京介の顔が曇る。 「梨乃が……冬公演でリアルをやめたいって言うてる。来年の春から仕事で神戸に転勤するんやって。しばらく戻って来られへんらしい」  劇団を立ち上げた当初から一緒にがんばってきた、田丸たまる梨乃りの。長年、苦楽をともにしてきた仲間がいなくなるなんて。少なからずショックを受けた。 「梨乃、やめるのか……」  美人女優の彼女には、熱心なファンがついている。ファンはきっと残念がるだろう。 「暁翔には負担と迷惑をかけるけど、よろしゅう頼む! 梨乃に、最後の舞台を作ってやってほしいんや!」  京介がテーブルに、額をこすりつけるように頭を下げた。  暁翔は嘆息した。 「京介がいないんじゃ実質、俺が代表みたいになるよな。プレッシャーでかいよ」 「すまん……」 「今まで以上の赤字になったらどうしようって、正直不安だ」 「すまーんっ!」  張りのある声が、一階全体に響く。 「まいったな……。でも、京介にとって西園寺企画に脚本を提供するのは、大きなチャンスだよな」 「おう。今、死にもの狂いで書いとる」  京介は芝居でプロになる夢を持って関西から上京した。就職はせず、フリーターをしながら芝居に打ち込んでいる。今は彼女の家に居候している、いわゆるヒモだ。  脚本家として、もしくは役者としてなんとか独り立ちしたい、いずれは彼女と結婚したいと、日頃から言っている。 『西園寺企画』の脚本を書けば、夢に一歩近づくだろう。友達として、彼に協力したい気持ちはある。それに退団する梨乃にも、最後の舞台を用意してあげたい。 「京介が選んだ脚本、ほんとにおもしろいんだろうな」 「ほ、ほんなら……!」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません