作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 朝晩は涼しい風が吹くようになった、九月の夜。  暁翔は急須にあたたかいほうじ茶を作り、ペアの湯呑みをテーブルに用意して雅が来るのを待っていた。  今夜は彼が最後の仕事である『キラボチャンネル』の収録を終え、堂島家に直行する予定になっている。約束通り、打ち上げをするのだ。  玄関のチャイムが鳴り、暁翔は最後までがんばったであろう雅を優しく迎えるつもりで玄関に向かった。 「おかえり。お疲れ様」  引き戸を開け、ねぎらう気持ちを込めて微笑む。  雅は暁翔を見るなり、頬をほんのり朱に染めた。 「た、ただいま……って、言っていいのかな。一緒に住んでるわけでもないのに」 「ほとんど毎週泊まりにきてるんだから、似たようなもんだろ」 「う、うん」  収録で疲れたのか、雅はどこか浮かない表情だった。  暁翔はほうじ茶をいれた湯呑みをテーブルに置き、雅と向かい合って座った。 「収録、無事に終わったのか?」 「それが……変なことになったんだ。僕、料理コーナーに出演しちゃって」  テレビには映らない、料理を作るだけの仕事だったはず。 「え、どういうこと?」  雅がほうじ茶を飲み、ふうっと息を吐いた。 「えっと……」  彼の話によると、航貴と聖哉が収録直前にケンカを始め、怒った航貴がスタジオを出て行ったという。現場のスタッフは大混乱。とりあえず聖哉だけで録ろうと言い出した。しかし聖哉は料理の経験がない。俺だけでは無理だとわめきだし……。 「それなら花江が一緒にやれって、ディレクターさんが言って」 「うん、それで?」 「聖哉と僕とで、オムライスと野菜スープを作った。聖哉がとんでもないことばかりするから、怒りながら」 「う、うん」 「終わったらディレクターさんが、意外とおもしろかったって言ってくれて、次もよろしくって」  料理コーナーがカットされずに放送されるなら、次回の料理コーナーも出演できることになった。そうなると、事務所との契約解除もひとまず撤回される。雅はクビを免れる。  思いがけない展開に、暁翔は浮き足だった。 「放送される内容って事前に確認できるのか? カットされるかされないか、めちゃくちゃ気になるよな」 「確認はできないんだ。放送が決まったら、マネージャーさんが連絡をくれるって。僕、どうなるんだろ……」  打ち上げとして夕食の準備をしていたので、その日は二人で焼き肉を食べ、雅は泊まっていった。  それから数日後、雅からスマホに『料理コーナー、放送されるって!』とメッセージが届き、番組を堂島家で一緒に見ようと約束した。  放送当日の深夜、二人はそわそわしながらリビングのソファに座った。  テレビ画面がCMから『キラボチャンネル』のタイトルに切り替わる。 「わっ、始まった!」  雅は丸いクッションをぎゅっと抱き締め、テレビを凝視した。  暁翔も隣で固唾をのむ。  番組の前半はフロントの六人が発売中のアルバムから数曲、歌を披露した。  そして後半、いよいよバラエティコーナーが始まった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません