作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 翌日はすっきりとした晴天。夏空が眩しい。  午後、約束通り堂島家にやって来たみやびは、Tシャツとジャージという出で立ちだった。首にはタオルをかけている。 「掃除するって言ったでしょ」  腰に手を当て、やる気に満ちた目を向けてきた。どうやら本気で掃除をするつもりらしい。 「別にいいって」  と言っても、にっこり微笑まれるとどうにも拒めない。ジャージ姿もかわいい。だったらせめて協力しなくてはと、暁翔あきとは手伝いを申し出た。  雅の指導の下、いる物、いらない物を分別し、ゴミを出したら掃除機をかけ、フローリングにワックスもかける。  母親が再婚するときに置いていった観葉植物の鉢植えは、雅が枯れ葉を積んで綺麗に整え、テレビの横やキッチンなど、見栄えがする場所に配置し直した。  そして数時間後、堂島家の一階は見違えるほど綺麗になった。少々汚れていても平気だったのに、綺麗になるとやはり嬉しくなる。 「すごい! 雅、ありがとう!」  暁翔が感嘆の声を上げると、タオルで汗を拭っていた雅が「えへへ」と照れ笑いした。 「ほんとにありがとな。おかげですっきりしたよ」  暁翔は冷茶を冷蔵庫から取り出した。祖母直伝の水出し冷茶をグラスに注ぎ「座って、これでも飲んでくれ」と言ってテーブルに置いた。 「掃除はしたけど、余計なお世話だったかなって、実はちょっと不安だったんだ」  雅が椅子に腰かけ、控えめに微笑んだ。 「そうだったのか。まあ正直、最初は掃除なんかしなくていいのにって思ったけどさ、今はほんとに感謝してるよ。雅と一緒に掃除できたから、結構楽しかったし」  暑い中、一人で掃除をしたら今頃ぐったりしていただろう。掃除が全く苦にならなかったのは、雅とおしゃべりをしながらだったからに他ならない。 「ほんとに? なら、よかったぁ」  彼がふわりと相好を崩した。周囲に季節はずれの桜が咲いたような錯覚を覚え、暁翔の鼓動が小さく跳ねる。 「冷茶……飲んでみてくれ」  どうもこの笑顔に弱いなと、内心で小さく狼狽えた。 「いただきます。……わあ! おいしい! 暁翔が作ったの?」 「冷水で抽出したんだ」  実は雅のために朝から仕込んでおいた。掃除をしても、しなくても、一緒に茶を飲みたいと思っていたのだ。冷水で時間をかけて抽出した緑茶は、優しい口当たりになる。 「すっごくまろやか! 飲みやすい!」 「羊羹も食べる? 俺のお気に入り」  冷蔵庫から羊羹が入った箱を取りだし、持ち上げて箱を見せた。地元の商店街にある老舗の和菓子屋で買った、蒸し羊羹である。アルコールよりスイーツが好きな暁翔は、甘い物に目がない。特に和菓子とチョコレートは好物だ。両方とも日本茶に合う。  雅の表情が一段と明るくなった。 「おいしそう! 羊羹が好きなの? 結構渋いんだね。なんか……おじいちゃんみたい!」 「お、おじいちゃん!?」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません