ヤクマン・ラプソディー
0
0
ステキユーザー 新人作家
恋愛 全13話 完結済み
【僕が好きになったのは【男を破滅させる】という、いわく付きの彼女だった】  八雲川卓也には、中学から一途に想いを寄せる女性がいた。  同級生の満田花絵だ。  バイトと趣味の創作の合い間を縫って、八雲川は今も彼女をずっと見守り続けている。  しかし、その花絵には、昔からある【いわく】があった。  それは……これまで彼女と交際した男は、ことごとく破滅の一途をたどっていたことだ。    見守りの最中、アクシデントに見舞われた花絵に、八雲川は傍観者の立場を捨てきれるのか!?  見守る男と、男を破滅に追いやる女のラブコメディ。 ※改名にともない、表紙を修正しました。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません