未完の詩集
1
1
デビュー ステキユーザー ステキ作家
全810話 連載中
さまざまな詩があります。エブリスタで月間1位になりました。詩は増えていきます。2021年12月15日に小説「やすらぎの苑」が発売されました。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
花咲く乙女たち 
2022/03/08 00:23
ネコのねーたん 
2022/03/08 00:26
ゆらりゆらりうつらうつら 
2022/03/08 00:28
だってもうゆらりゆらり 
2022/03/08 00:31
孤独だってプラスマイナスゼロ 
2022/03/08 00:32
憂鬱の波間に 
2022/03/08 01:18
もしも私が死んだら 
2022/03/08 01:19
すっかり忘れていたよ 
2022/03/08 01:21
孤独の星 
2022/03/08 01:22
午前4時に起きてホラーを書く 
2022/03/08 01:34
あなたは本当に死ぬと思っていますか 
2022/03/08 01:37
白骨化した恋人 
2022/03/08 01:39
夢ではなく本当の死が 
2022/03/08 01:40
至高の時間 
2022/03/08 01:42
決意表明 
2022/03/08 01:43
悪夢 
2022/03/08 01:45
死が見える人 
2022/03/08 01:48
傲慢な人 
2022/03/08 01:49
精神科医 
2022/03/08 01:51
何で今まで 
2022/03/08 01:53
老人の乖離 
2022/03/08 01:55
死んだらツイートする 
2022/03/08 01:56
月の砂漠 
2022/03/08 01:58
幻の少女 
2022/03/08 02:00
自殺するから私の体を分け与えてくれ 
2022/03/08 02:02
地球最後の人 
2022/03/08 02:05
誰もが一人芝居 
2022/03/08 02:07
死ぬまでの僅かな時間 
2022/03/08 02:08
心の核 
2022/03/08 02:10
花が咲いて散るようなものですか 
2022/03/08 02:12
孤独に強いと思ってきた 
2022/03/08 02:14
カチカチと命の秒針が 
2022/03/08 02:16
苦しみ抜いて疲れた時 
2022/03/08 02:18
もう見送らなくて良い 
2022/03/08 20:02
永遠の無 
2022/03/08 20:05
太陽がいっぱい 
2022/03/08 20:10
夢と現実の違い 
2022/03/08 20:15
同僚の自殺 
2022/03/08 20:17
限界を越えろ 
2022/03/08 20:20
夜の果て 
2022/03/08 20:22
時間が人を変える 
2022/03/08 20:24
セルフネグレクト 
2022/03/08 20:28
死んだらツイートする 
2022/03/08 20:31
地球の破壊 
2022/03/09 00:41
みんな夢の中 
2022/03/09 00:43
現実とは一体何なんだ 
2022/03/09 00:45
夢の死 
2022/03/09 01:13
死刑囚 
2022/03/09 01:15
永遠に生きられるのではないかという妄想 
2022/03/09 01:29
核戦争は遠い彼方 
2022/03/09 01:37
老人の眠り 
2022/03/09 01:38
滑稽な変節 
2022/03/09 02:00
夢の中で詩が閃いた 
2022/03/09 02:05
ジャズが涙を拭う 
2022/03/09 02:06
ジャズの音色を聴きながら 
2022/03/09 02:09
郷愁をそそるジャズを聴きながら 
2022/03/09 02:11
あなたの愛が欲しかった 
2022/03/09 02:14
天国も地獄もない 
2022/03/09 02:16
自己が崩壊していく 
2022/03/09 19:20
でも生きていかねばならぬ 
2022/03/09 19:23
矛盾の極地 
2022/03/09 19:28
私のいない世界 
2022/03/09 19:31
甘美な陶酔 
2022/03/09 19:33
深夜に密かに聴こえるクラシック 
2022/03/09 19:37
バカだな俺は 
2022/03/09 19:41
全て夢のように過ぎていく 
2022/03/09 19:46
森の中の古城 
2022/03/09 19:50
ジャズの響は変わらない 
2022/03/09 23:49
夢見るように死んでいく 
2022/03/09 23:52
瞑想に始まり瞑想に終わる 
2022/03/10 01:20
生と死の境界 
2022/03/10 01:22
暗闇の中で 
2022/03/10 01:24
青春の悔恨 
2022/03/10 01:26
緩和ケアの病棟 
2022/03/10 01:28
死の訪れ 
2022/03/10 01:30
怨み 
2022/03/10 07:11
放蕩息子の帰還 
2022/03/10 07:14
月の砂漠 
2022/03/10 07:15
死 
2022/03/11 01:25
なぜ宇宙は無でなく存在しているのだ 
2022/03/11 04:20
夢の一日 
2022/03/11 04:27
私が死んでもこの世はあるの 
2022/03/11 04:30
美しすぎて 
2022/03/12 00:39
秋の図書館 
2022/03/12 00:41
理想的な人生 
2022/03/12 00:43
生まれない選択 
2022/03/12 00:46
美しい人 
2022/03/12 00:52
君の全てが見たいんだ 
2022/03/12 00:56
バッハという奇跡 
2022/03/12 00:58
さようなら私の命 
2022/03/12 01:02
望まれない子 
2022/03/12 01:11
醒めない夢 
2022/03/12 01:22
夕日の美しさ 
2022/03/12 01:26
ダークな心 
2022/03/12 01:28
不義の子 
2022/03/12 01:30
秦の始皇帝 
2022/03/12 01:42
霧の中の少女 
2022/03/12 02:02
永遠の覚醒 
2022/03/12 22:53
償い 
2022/03/12 22:55
僕は自分に勝てそうだ 
2022/03/12 22:58
ゆらりゆらり② 
2022/03/12 23:01
ゆらりゆらり 
2022/03/12 23:05
ただこのひと時が 
2022/03/12 23:08
私は鋭利な刃 
2022/03/12 23:11
生とは燃え上がる炎 
2022/03/12 23:14
遅れた告白 
2022/03/13 00:12
青い鳥 
2022/03/13 00:15
Rainy Jazzを聴きながら 
2022/03/13 00:17
核戦争は遠い彼方 
2022/03/13 00:22
妄想 
2022/03/13 00:25
天才と凡才 
2022/03/13 01:37
真の姿を見抜け 
2022/03/13 01:39
何も足さないし何も引かない 
2022/03/13 01:40
神様に聞きたい 
2022/03/13 01:44
縄文杉 
2022/03/13 09:40
別にもう死んでもいいんですが 
2022/03/14 06:10
時間を巻き戻して 
2022/03/15 12:00
この劇はいつ終幕を迎えるのだろう。 
2022/03/15 12:02
失われた情熱 
2022/03/15 12:02
産まない選択 
2022/03/15 12:03
我はペガサス 
2022/03/15 12:04
死刑囚 
2022/03/15 12:04
自分という特別な存在 
2022/03/15 12:05
ニヒリズム 
2022/03/15 12:06
深夜独り起きていると 
2022/03/15 12:06
親子旅行 
2022/03/15 12:07
天国への階段 
2022/03/15 12:07
大人は分からないと初めて知った時 
2022/03/15 12:08
夢の中では 
2022/03/15 12:08
我思う、故に我あり 
2022/03/15 12:08
ピエロのように滑稽だね 
2022/03/15 12:09
死への願望 
2022/03/15 12:10
僕は加害者 
2022/03/15 12:10
時間の刃 
2022/03/15 12:10
私は爆笑する 
2022/03/15 12:11
僕は存在しているのだろうか 
2022/03/15 12:11
じゃあ、僕は自由だね 
2022/03/15 12:12
春の風に乗って 
2022/03/15 12:12
はつ恋の人の夢 
2022/03/15 12:13
私の罪 
2022/03/15 12:13
「私」として 
2022/03/15 12:14
思い出に浸りましょう 
2022/03/15 12:14
そして骸骨を抱こう 
2022/03/15 12:16
翳りゆく部屋 
2022/03/15 12:18
覚醒と狂気の間 
2022/03/15 12:22
どうせ死ぬのになぜ生きる? 
2022/03/15 12:25
切り立った崖 
2022/03/15 12:28
ここではない何処かへ 
2022/03/15 12:31
束の間の夢(戯) 
2022/03/15 12:36
この世を去る囚人 
2022/03/15 12:39
何であの頃 
2022/03/15 12:41
死にたくない 
2022/03/15 12:43
遅いにも程がある 
2022/03/15 12:47
死にたくない 
2022/03/15 12:53
生きてやる 
2022/03/15 12:55
若い頃は死にたかった 
2022/03/15 12:58
田村正和さん 
2022/03/15 13:00
夢を見てまた夢を見て夢を見る 
2022/03/15 13:03
時々胸が苦しくなる 
2022/03/15 13:06
コーヒーがなければ生きられない 
2022/03/15 13:08
命をくれてやれ 
2022/03/15 13:11
手が震えているぞ 
2022/03/15 13:13
それならせめて自分の手で 
2022/03/15 13:15
どんなに愛されても 
2022/03/15 13:17
愛するよりも愛されたい 
2022/03/15 13:20
地の底から 
2022/03/15 13:22
目覚めた人 
2022/03/15 20:37
太陽の下に新しきものなし 
2022/03/15 20:43
何なんだこの不可解な執念は 
2022/03/15 20:48
今日は母がいるように感じるんだ 
2022/03/15 20:50
はつ恋の君 
2022/03/15 20:54
人生ごっこ 
2022/03/15 21:01
夢うつつ 
2022/03/15 21:02
楽しく死にたい 
2022/03/15 23:47
薄れゆく光の中で 
2022/03/16 06:38
もう飽きたんだ 
2022/03/16 06:40
僕は一体何を何のために 
2022/03/16 06:55
贖罪の機会 
2022/03/16 06:57
社会は勝手に流れていく 
2022/03/16 07:00
全部虚構なのに 
2022/03/16 07:03
私は満たされることのない泉 
2022/03/16 07:09
叔母の死 
2022/03/16 07:11
いつまでも生きられると思っている私 
2022/03/16 07:15
今日の憂鬱 
2022/03/16 07:17
癒されぬ悔恨 
2022/03/16 07:19
それは誰の意思か? 
2022/03/16 07:21
あなたたちは唯の幻なんだよ 
2022/03/16 07:24
肉の人形 
2022/03/16 07:26
煙になって死ぬのさ 
2022/03/16 07:28
それが人生さ 
2022/03/16 07:30
ふわりふわり 
2022/03/17 10:04
子供に戻りたい 
2022/03/17 10:05
賞は参加することに意義がある 
2022/03/17 10:23
死にたいと何度も言葉を吐き出す 
2022/03/17 10:25
枯渇したと 
2022/03/17 10:27
アルファポリスへの武者修行 
2022/03/17 10:29
なんかやけに人生がシンプルに感じる 
2022/03/17 10:32
Rainy Jazzを聴きながら 
2022/03/17 11:16
青い鳥だけは泣いてしまう 
2022/03/17 18:18
人が自殺する理由わかったよ 
2022/03/17 18:20
生きていていいですか 
2022/03/17 18:21
死ぬ時は静かに逝きたい 
2022/03/17 18:23
もう死んでしまいたい 
2022/03/17 18:24
おはようございます 
2022/03/18 01:23
時が終わりを告げても 
2022/03/18 01:24
他者と自分は脳が違うので 
2022/03/18 01:25
心が痛む時に 
2022/03/18 01:33
言った方は爽快で 
2022/03/18 01:46
もう力尽きたと思った日 
2022/03/18 01:50
体調の悪かった時に詩は生まれる 
2022/03/18 01:54
墓の中でも自分は誰かと考える 
2022/03/18 02:11
コーヒーの効能 
2022/03/18 02:14
生きていてごめんなさい 
2022/03/18 02:17
生も死も夢の如きなり 
2022/03/18 02:21
嘆きに満ちた帆船よ 
2022/03/18 02:23
セルフ・ネグレクト 
2022/03/18 02:28
誰にも頼らず誰にも依存せず 
2022/03/18 02:31
何もかも終わりにしたい 
2022/03/18 02:38
全ての未来よ 
2022/03/18 02:41
あなたとダンスを踊るように 
2022/03/18 02:44
私生児 
2022/03/18 02:47
虚空に消えていった 
2022/03/18 13:33
バロックを聴きながら 
2022/03/18 13:39
現代のキリスト 
2022/03/18 13:42
人間の幸せ 
2022/03/18 13:46
初恋の人の夢を見ていた 
2022/03/18 23:20
承認欲求 
2022/03/18 23:23
やばい、死にたくなってる 
2022/03/18 23:25
真っ青な空を見つめていると 
2022/03/18 23:29
60歳を過ぎると 
2022/03/18 23:40
不条理劇 
2022/03/18 23:42
殺されそうになったら 
2022/03/18 23:46
あるがままに 
2022/03/19 04:17
憂鬱はやむを得ぬ 
2022/03/19 04:20
精神的に危なそう 
2022/03/19 04:24
40年の引きこもり 
2022/03/19 04:26
65を過ぎれば 
2022/03/19 04:30
一日中夢現の状態が続く 
2022/03/19 04:35
現実と夢 
2022/03/19 04:37
リラックスジャズを聴きながら 
2022/03/19 04:39
午後のバロックを聴いている 
2022/03/19 04:51
縄文杉 
2022/03/19 05:00
幻の少女 
2022/03/19 06:07
半分狂気 
2022/03/19 11:29
白い影 
2022/03/19 11:37
生きるのがつらい 
2022/03/20 01:04
遠い日の夢の幻 
2022/03/20 01:07
制服の下の素肌 
2022/03/20 01:18
ほろ酔い 
2022/03/20 01:22
甘い香りを放って 
2022/03/20 01:27
再生党 
2022/03/20 01:34
西暦一万年 
2022/03/20 01:35
骸骨のロック 
2022/03/20 01:38
現実のお伽噺 
2022/03/20 01:43
朝焼けの海辺 
2022/03/20 01:47
軽やかなジャズ 
2022/03/20 01:51
虚しさと共に 
2022/03/20 01:55
詩は苦しいと叫べば詩になる 
2022/03/20 02:05
昼の柔らかい光が部屋に注いでくる 
2022/03/20 04:29
余生を生きている 
2022/03/20 04:32
ああ青春よ何処へ 
2022/03/20 04:35
運命論者 
2022/03/20 04:39
だがそうして皆んな死んでいくのだ 
2022/03/20 08:47
幻の少女の断章 
2022/03/20 08:54
桜のような僕の恋人の凄さ 
2022/03/20 08:58
この世という劇場もいつか潰れる 
2022/03/20 12:38
死にたい時は鏡を見る 
2022/03/20 12:44
全ては少しずつ変わるように見えるがそれは見せかけだ 
2022/03/20 23:27
文字の洪水を見ると溺れてしまう 
2022/03/20 23:31
僕の読者だけに 
2022/03/20 23:34
みんな死ぬなぁ 
2022/03/20 23:45
何もしたくないなぁ 
2022/03/20 23:48
今日は無である 
2022/03/20 23:53
操り人形 
2022/03/20 23:55
羊の顔をした殺人鬼 
2022/03/21 00:00
情熱のままに書くのだ 
2022/03/21 00:06
検査を受けた結果 
2022/03/21 00:08
エブリスタは 
2022/03/21 00:12
誰が人生100年時代と言い出したのか 
2022/03/21 00:14
宇宙の一呼吸 
2022/03/21 00:56
ストーカー~逃げきれぬ愛 第9話 
2022/03/21 05:12
青春小説 
2022/03/21 05:15
右手が小刻みに震えipadに書けない 
2022/03/21 05:58
僕の声は読者に届いているのだろうか 
2022/03/21 06:06
夕日が沈んでいく、私の心のように 
2022/03/21 06:12
1千万円懸賞小説 
2022/03/21 06:24
0か100 
2022/03/22 01:01
ホッケがおかず 
2022/03/22 01:03
詩は叫び 
2022/03/22 01:07
自殺した理由 
2022/03/22 01:10
若い人は美しい 
2022/03/22 01:12
死の行進 
2022/03/22 01:14
失われた時を求めて 
2022/03/22 01:26
ただ涙が滲む 
2022/03/22 01:48
泣き濡れて 
2022/03/22 01:51
ただ一度の朝 
2022/03/22 01:54
若い時、現実はそのまま夢となる 
2022/03/22 01:58
束の間の夢(戯) 
2022/03/22 02:01
君たちは天国で自由に空を飛んでいるのかな 
2022/03/22 02:04
意味と無意味 
2022/03/22 04:17
深い穴に落ちた時に 
2022/03/22 04:22
渇愛 
2022/03/22 06:54
偶然と必然 
2022/03/22 06:59
おぞましい肉塊 
2022/03/22 07:02
私は私で満ちている 
2022/03/22 07:06
生と死の間で私は踊る 
2022/03/22 07:10
若きウェルテルの悩み 
2022/03/22 07:13
君と初めて過ごした夜 
2022/03/23 05:51
若い時、希望に溢れていたんじゃないんですか。 
2022/03/23 05:57
表現がキツくなっています。 
2022/03/23 06:01
あなたが好きなの 
2022/03/23 06:04
老人の気持ち 
2022/03/23 06:06
皇帝ネロの斬首 
2022/03/23 06:09
若者の自殺 
2022/03/23 06:11
夢見が悪い 
2022/03/23 06:15
愛されても愛されても 
2022/03/23 06:18
天国の講義 
2022/03/23 12:44
誰かを愛することは残酷なこと 
2022/03/23 12:50
もう一つの世界 
2022/03/24 01:45
母と過ごした幼い日々 
2022/03/24 02:55
青い鳥 
2022/03/24 02:57
私は87歳になりました 
2022/03/24 03:01
丘の上の少女 
2022/03/24 03:03
未完成 
2022/03/24 03:05
人生とは不条理な旅路 
2022/03/24 03:07
今は人生がわかる 
2022/03/24 03:09
人生なんて 
2022/03/24 05:28
一生を棒に振る 
2022/03/24 05:31
親ガチャ 
2022/03/24 05:33
死んだら終わり 
2022/03/24 05:35
自殺について 
2022/03/24 06:56
これは現実ですか? 
2022/03/24 07:10
たとえ闇に覆われても 
2022/03/24 19:55
ホラー詩集 
2022/03/24 19:59
自殺の謎 
2022/03/24 20:02
ソラリスの海 
2022/03/24 20:05
罪に負えない犯罪者 
2022/03/24 20:09
倦怠感は高校の頃に覚えた 
2022/03/24 20:18
人は夢がなければ生きられない 
2022/03/24 20:20
日本が沈没しようと 
2022/03/24 20:24
夢うつつ 
2022/03/24 20:27
生があれば死がある 
2022/03/24 20:30
死んでお詫びをしろ 
2022/03/24 20:34
ケラケラ笑う君たち 
2022/03/24 21:00
清らかに死にたい 
2022/03/25 00:37
私という人間はいなかったと同じ 
2022/03/25 00:48
無様に死にたい 
2022/03/25 01:55
どういう時に詩や小説やホラーが降ってくるのか分からない 
2022/03/25 08:41
生きる意味 
2022/03/25 09:15
映画などはしょせん嘘つき 
2022/03/25 17:17
啜り泣きが聞こえる 
2022/03/25 17:20
全ては運命のままに 
2022/03/25 17:22
現代の空虚な馬鹿騒ぎ 
2022/03/25 17:25
現代のイエス・キリスト 
2022/03/25 17:28
神は最後に人を殺す 
2022/03/25 17:31
栄養失調者 
2022/03/25 17:34
登山と下山 
2022/03/25 17:37
葬送曲 
2022/03/25 17:42
メメント・モリ 
2022/03/26 07:03
もう僕は死ぬけれど 
2022/03/26 07:21
猟奇的殺人を夢見る 
2022/03/26 12:13
人生とは終わりのある旅 
2022/03/26 22:37
ジャズの音色が似合う頃 
2022/03/27 02:03
妖怪七変化 
2022/03/27 03:21
蜘蛛の巣 
2022/03/27 11:30
物質には心を持つ傾向がある 
2022/03/27 11:35
死者の岬① 
2022/03/27 12:30
死者の岬② 
2022/03/27 12:31
死者の岬③ 
2022/03/27 12:33
死者の岬④ 
2022/03/27 12:34
死者の岬⑤ 
2022/03/27 12:35
死者の岬⑥ 
2022/03/27 12:37
死者の岬⑦ 
2022/03/27 12:38
死者の岬⑧ 
2022/03/27 12:39
死者の岬⑨ 
2022/03/27 12:40
死者の岬⑩ 
2022/03/27 12:42
死者の岬(11) 
2022/03/27 12:45
死者の岬(12) 
2022/03/27 12:46
死者の岬(13) 
2022/03/27 12:47
死者の岬(14) 
2022/03/27 12:47
好きな言葉は「憂愁」 
2022/03/27 20:16
こうした全ては何なのか 
2022/03/27 20:21
どうせ皆んな犯罪者です。 
2022/03/27 20:28
薄暮の霧 
2022/03/28 03:26
人生ごっこ 
2022/03/28 05:06
あなたの声が聞きたい 
2022/03/28 05:09
地の底から聴こえてくる叫びを 
2022/03/28 05:20
人間ってそんなに立派な生き物? 
2022/03/28 11:17
私は吹き荒ぶ透明な風 
2022/03/28 21:15
私は誰も愛さない 
2022/03/28 21:18
ふと泣きたいと思った 
2022/03/28 21:20
感染症で多くの人が死ぬだろう 
2022/03/28 21:24
永遠に眠りたい 
2022/03/28 21:26
人が一番孤独に感じる時はいつか 
2022/03/28 21:31
春の雪が降っている 
2022/03/28 21:34
焦ってはならない 
2022/03/28 21:42
昔々イエスという若者がいた 
2022/03/28 21:47
世界が闇の中に陥没する 
2022/03/29 03:05
若い頃の願望は何処かへ行ってしまった 
2022/03/29 03:11
大量無差別殺人者よ 
2022/03/29 05:55
透明感のある美少女 
2022/03/29 05:58
人生の波間に揺られ 
2022/03/29 06:02
深夜に飲む珈琲 
2022/03/29 11:31
時間という真実 
2022/03/29 11:33
この劇はいつ終幕を迎えるのだろう 
2022/03/29 11:38
詩は権力の前に無力だ 
2022/03/29 19:02
来年の桜 
2022/03/29 22:35
君の体は煙となり 
2022/03/30 02:53
暗闇の中で私は祈る 
2022/03/30 05:54
何のために生きているのかと聞かれたら 
2022/03/31 01:16
心と体の声に耳を傾けて 
2022/03/31 02:01
私のいない世界は何事もなかったかのように 
2022/03/31 02:06
人を嫌う者は嫌われるだろう 
2022/03/31 02:21
秋の深まった図書館 
2022/03/31 11:59
君の全てが見たいんだ 
2022/03/31 12:07
社会の至る所に死神はいる 
2022/04/01 12:38
神を断罪して 
2022/04/01 12:41
深夜に微かに聞こえるクラシック 
2022/04/01 12:43
人生はいつも未完 
2022/04/01 23:01
正義の名の下に 
2022/04/02 00:14
今日も一日悔やんで終わる 
2022/04/02 00:31
長過ぎる小説 
2022/04/02 08:40
それでもなお 
2022/04/05 20:51
ジャズの魔法が見させる夢 
2022/04/08 22:42
体を犠牲にして詩を書く 
2022/04/17 19:18
恋は幻想ごっこ 
2022/04/17 19:19
一つの命が生まれ 一つの命が消える 
2022/04/17 19:20
あなたの存在を信じない 
2022/04/17 19:20
深い森の中を二人きりで歩いた 
2022/04/17 19:21
愛している ただそれだけが言えなくて 
2022/04/17 19:21
カチカチと命の秒針が刻まれていく 
2022/04/17 19:22
瞑想音楽を聴いて心を整える 
2022/04/17 19:22
詩が書けなくなったと言って詩を離れる人たちよ 
2022/04/17 19:23
全てを諦めて 老いを噛みしめる 
2022/04/17 19:23
君のそのはち切れんばかりの笑顔 
2022/04/17 19:24
喘ぎながら生きている 
2022/04/17 19:24
僕は人生を演じない 
2022/04/17 19:25
言葉を自在に扱って詩を書きたい 
2022/04/17 19:33
彼は腹を空かしたローンウルフ 
2022/04/17 19:34
さざ波に揺れるボートの上 
2022/04/19 05:13
最低の人間は死ぬべきだ 
2022/04/19 05:16
若い頃の自分が今の自分を見ることができたら 
2022/04/19 05:20
海から上がりパラソルの影で日光浴をした 
2022/04/19 05:26
私は死なない 
2022/04/19 05:30
例えその世に受け入れられなくても 
2022/04/20 16:24
美しく哀しい音楽を一日中聴いていたい 
2022/04/20 16:28
今日は風が強い 風の音は心を不安にする 
2022/04/20 16:31
不老不死を夢見ていた始皇帝。 
2022/04/20 16:37
僕は思わなかった この恋が届かないなんて 
2022/04/21 19:19
私はもう父母もいませんが 
2022/04/21 19:27
「詩や小説」で生きていこうとする青年 
2022/04/21 19:29
誰もいない屋上で 空へ飛ぼうとしている君 
2022/04/21 19:32
青春の色鮮やかな詩は書けない 
2022/04/21 19:38
誰もが自分の正義を振りかざす 
2022/04/22 22:50
ジョージ・ハリスンが亡くなる数ヶ月前にメンバーと 一緒に撮った写真が印象深い 
2022/04/22 22:53
自分が空っぽになってしまったと感じた時 
2022/04/22 22:56
暗闇の中で私は吠える 
2022/04/22 22:59
若い日の思い出は高校時代で終わった 
2022/04/23 22:19
人は一方で貶され一方で愛される 
2022/04/23 22:22
  今読んでいる本はサピエンス全史である 
2022/04/23 22:24
人は毎日何万人死ぬのだろうか 
2022/04/23 22:25
寒いと震えている 
2022/04/23 22:28
創作に行き詰まり枯渇したと思ったら 
2022/04/23 22:31
やっぱり朝風呂が一番 
2022/04/25 05:52
天候が悪いと 頭が割れるように痛む 
2022/04/25 05:57
作家の書けない苦労は深刻である 
2022/04/25 05:57
最後になります 
2022/04/25 05:58
しかし記憶の海に沈んでいる 
2022/04/25 05:58
夜が来るとまた悩ましい気持ちになる 
2022/04/25 05:58
誰が人生100年時代と言い出したのだろうか 
2022/04/25 05:58
私はまだまだ学ぶ 
2022/04/25 05:59
深夜に微かに聴こえるクラシック 
2022/04/25 05:59
私たちは何故生まれてきてしまったのでしょう。 
2022/04/25 05:59
重要臓器の外科医の数%は殺◯◯◯者 
2022/04/26 02:15
私の邪魔をする者は許さない 
2022/04/26 02:16
世界大戦で傷つき死んでいった兵士たちよ 
2022/04/26 02:18
人生を振り返ると理想から見れば不幸だったと思うし 
2022/04/26 02:19
人生に疲れても 
2022/04/26 02:21
人が一人生まれると人が一人死ぬ 
2022/04/26 13:23
若い頃の願望は何処かへ行ってしまった 
2022/04/26 13:27
世界が闇の中に陥没する 
2022/04/26 13:29
私はどの詩も文章も真剣に書いている 
2022/04/26 13:32
焦ってはならない 
2022/04/26 13:34
今が人生で一番厭世的かも知れない 
2022/04/27 06:49
もしも私が死んでも悲しんでくれる人は誰もいない 
2022/04/27 06:52
この深夜にツイートしても、いいねを頂ける 
2022/04/27 06:58
何で言葉がないと愛は不自由なんだろう。 
2022/04/27 07:15
永遠に眠りたい 
2022/04/27 22:18
夢の中で得もいわれぬ詩が閃いた 
2022/04/27 22:21
ふと泣きたいと思った 
2022/04/27 22:29
私は誰も愛さない 
2022/04/27 22:34
若い頃、活躍していた歌手や俳優の訃報が悲しい 
2022/04/27 22:37
生きていく意味が感じられないね 
2022/04/27 22:54
この世は生きたい人だけの場所 
2022/04/27 22:57
子供のための哲学「死んだらどうなるの?」 
2022/04/28 19:13
みんなが人生ごっこをしている 
2022/04/28 19:15
美しい旋律にそっと心を浸す 
2022/04/28 19:16
心の痛みに胸が張り裂けそう 
2022/04/28 19:17
今も考えない日はない 
2022/04/28 19:22
好きな言葉は『憂愁』 
2022/04/28 19:28
若い時は死ぬのがとても怖かった 
2022/04/28 19:31
私はかなり疲れているようだ 
2022/04/29 06:21
最近、また人間嫌悪、人生嫌悪の傾向が出てきてしまった 
2022/04/29 06:22
一時薄毛が気になったことがあった 
2022/04/29 06:27
やっと夜がやってきた 
2022/04/29 06:31
夜の帳が降りる頃、僕は押し入れからやっと出る。 
2022/04/29 06:33
もし罰がなければ 私はどれだけの罪を犯すだろう 
2022/04/29 06:36
もう僕はやっと今の生き方を分かったよ 
2022/04/29 06:38
私は自殺は本人の自由だと思うよ 
2022/04/29 20:49
私が死ぬ時は 常に葬送曲を流して欲しい 
2022/04/29 20:58
君が死んで煙になっても 
2022/04/29 21:02
若い人の自死はわかるよ 
2022/04/29 21:04
20歳まで人生が楽しかったな 
2022/04/29 21:07
乳房を与えてやれ それこそ聖なる愛だ 
2022/04/29 21:09
何よりも 自分の子供たちの幸せを願っているのだ 
2022/04/29 21:13
死が唯一の願いなら それは自由なのさ 
2022/04/29 21:16
現代のキリスト 
2022/04/29 21:18
保険金 
2022/04/29 21:20
芸能人が自死していく傾向は変わらないと思う 
2022/04/29 21:23
誰もが自分が中心だと思っている 
2022/04/29 21:27
柔らかい日差しを浴びながら 流麗な音楽を聴いているのが一番幸せ 
2022/04/29 21:30
私もいつか死ぬだろう 
2022/04/29 22:03
もう私は映画もドラマも見たくないんだ 
2022/04/29 22:08
人生がただ惰性で続いていく 
2022/04/30 22:08
生きたいと死にたいが交差する 
2022/04/30 22:09
三浦春馬くん、芦名星さん 
2022/04/30 22:10
私は現代詩なるものについて全く興味がないので読まない 
2022/04/30 22:12
ジャズを聴きながら書くと心が解放される 
2022/04/30 22:18
どういう時に詩や小説やホラーが降ってくるのか分からない 
2022/04/30 22:20
でも4時ごろ起きて「ホラー詩集 美女の解体」を書いた 
2022/04/30 22:22
私の命をあげましょう 
2022/04/30 22:23
死にたいという思いが強い 
2022/04/30 22:24
もう幾千年この世が続いたとしても私には関係ない 
2022/04/30 22:25
苦しい思いをせずにこの世から消えたい 
2022/04/30 22:26
なぜ父と私の関係は普通ではなかったんですか 
2022/04/30 22:28
僕にはもう小説は書けないと思ってきた 
2022/04/30 22:30
孤独でいることはなんて寂しく素晴らしいんだろう 
2022/04/30 22:31
長年苦しめられてきた頭痛がエアコンの交換で治ってしまった。 
2022/04/30 22:34
ずーと10時頃まで夢の中を彷徨っていた。 
2022/04/30 22:36
日本が沈没しようと 
2022/05/01 05:29
詩や小説、SNSからは距離を置くと思う。 
2022/05/01 05:31
ふと折々の時代の場面を思い出す 
2022/05/01 05:32
秋が来て冬が来て雪が降り 
2022/05/01 05:33
人は夢がなければ生きられない 
2022/05/01 05:34
つらい思い出は捨ててしまおう 
2022/05/01 05:37
夢が叶えられないなら生きていても仕方がない 
2022/05/01 05:37
高校の頃が一番迷走していた 
2022/05/01 05:39
倦怠感は高校の時に覚えた 
2022/05/01 05:41
アレクサに「夜のバロックかけて」と言う。 
2022/05/01 22:15
いろいろ思うこと 
2022/05/01 22:25
三浦春馬さんも芦名星さんも次第に忘れられていく 
2022/05/01 22:31
ホラーを書く時は一気に書く 
2022/05/01 22:32
君と生きていきたい 
2022/05/01 22:34
新しい小説を書き始めたのですが、僕自身の非常に繊細な部分に触れる小説なので 
2022/05/01 22:36
自殺する集団のことを書いてみたいと少し思った 
2022/05/01 22:39
人ってそう簡単に自殺できるものかね。 
2022/05/01 22:41
何もできない時は無理してはいけない 
2022/05/01 22:42
僕はもうすぐ消えるだろう 
2022/05/01 22:45
死にたくて仕方がない 
2022/05/01 22:46
静かな夜 
2022/05/01 22:48
人生なんて死んで終えばあとは野となれ山となれ 
2022/05/01 22:51
私は今、残された人生を小説を書くか楽して生きようかと迷っている。 
2022/05/01 22:52
今は人生が分かる 
2022/05/01 22:54
人生とは不条理な旅路 
2022/05/01 23:00
生きている人間にとって死以上に怖いものはないが 
2022/05/01 23:02
新しい詩はそんなに生まれるものではない 
2022/05/01 23:04
この「未完の詩集」が続く限りわたしはいきている。 
2022/05/01 23:05
少女は風の吹き抜ける黄昏の丘にいた 
2022/05/01 23:08
自殺は辛く苦しいものだと思うのだけど 
2022/05/01 23:10
私は87歳を迎えました。 
2022/05/01 23:11
僕が村を出て東京に行くと言った時 
2022/05/01 23:41
母と過ごした幼い日々 
2022/05/01 23:43
死を見る眼 
2022/05/01 23:45
償い 
2022/05/01 23:48
Rainy Jazzを聴きながら静かな午後が過ぎていく 
2022/05/01 23:49
もう一つの世界が存在する気がする 
2022/05/01 23:50
私の中には過去がいっぱいある 
2022/05/01 23:51
傲慢な人 
2022/05/01 23:53
もっともっと愛して欲しい 
2022/05/01 23:55
今日の朝は夢見が悪かったので 
2022/05/01 23:56
三浦春馬さんの自死 
2022/05/01 23:57
やはり長めの詩というか短文を書きたい 
2022/05/01 23:59
若い頃、テレビで若者が重い負荷を手足にかけて歩いていた 
2022/05/02 00:00
あの時、君は言ったね 
2022/05/02 00:02
午後11字に寝ても3時に目が覚める 
2022/05/02 00:03
文芸雑誌のコンテストに或る作品を送った 
2022/05/02 00:05
詩は書ける時に書きます 
2022/05/02 00:08
転倒した。空き瓶が並べてあったのでそこへ勢いよく転倒した 
2022/05/02 00:11
書けるのは死ぬまでの僅かな期間だ。 
2022/05/02 04:36
新しいテレビが来る 
2022/05/02 04:39
いつも12時前に寝て3時前に起きる 
2022/05/02 04:42
65インチ有機el 4kのテレビ 
2022/05/02 04:45
この文章は私が死ぬまで続きます 
2022/05/02 04:47
新しいテレビが来るので部屋を大改造した 
2022/05/02 04:48
心が苦しくなるとジャズを聴きます。 
2022/05/02 04:49
人生がただ惰性で続いていく 
2022/05/02 04:51
束の間の夢(戯) 
2022/05/02 04:54
青春文学賞 
2022/05/02 04:56
昨日より少し調子がいい 
2022/05/02 04:59
有機elの鮮やかな映像 
2022/05/02 19:22
身体中が痛い、動かすのがしんどい 
2022/05/02 19:24
まだ生きていられるのが不思議でたまらない 
2022/05/02 19:26
「幻の少女」という納得のできるポエムが浮かびました 
2022/05/02 19:28
若者は一目散に早足でかけていく 
2022/05/02 19:35
「幻の少女」はまださわりしか書けていません。 
2022/05/02 19:36
三浦春馬さんと芦名星さんと竹内結子さんの自殺した理由? 
2022/05/02 19:38
詩は叫び 
2022/05/02 19:40
小説を三分の一ほど書いたところで何を書くか分からなくなった 
2022/05/02 19:42
左指の痺れが治らないので自治医科大学附属病院に紹介で行くことになった 
2022/05/02 19:44
今日も気分が良いようではなさそうである 
2022/05/02 19:46
夕日が沈んでいく 私の心のように 
2022/05/02 19:48
私はどこからも苦悩や悲哀を見つける 
2022/05/02 19:49
今日は朝5時から小説を書いています 
2022/05/02 19:51
全く眠れなくなった。2日分を飲み干す 
2022/05/02 19:52
今朝起きたら悪寒がして三十八度の熱があった 
2022/05/02 19:54
作者と読者は理解しあっていると言えない 
2022/05/02 19:56
検査を受けた結果、コロナは陰性だった 
2022/05/03 03:35
詩集であるので詩を書かないとランキングが上がらないようだ。 
2022/05/03 03:37
左指が痺れるのでキーボードを見ながら入力している 
2022/05/03 03:38
今週の金曜日に埼玉の自治医大病院に行く 
2022/05/03 03:39
今度の眠剤はとても良く効く 
2022/05/03 03:41
でも肝心の小説の続きは書けずじまいに終わる 
2022/05/03 03:43
何もない 空っぽの私 
2022/05/03 03:44
自治医科大学附属病院に行ってきた 
2022/05/03 21:51
時間の砂がこぼれていく 
2022/05/03 21:53
夜12時に寝て2時半に目覚める。 
2022/05/03 21:55
自治医大の整形外科に行ってきました。 
2022/05/03 21:57
今日は朝4時半に起きた。 
2022/05/03 22:02
あまりに書けないので書き方を変えようと思います 
2022/05/03 22:04
私よ、目を覚ましてくれ 
2022/05/03 22:06
今、午前2時半、この時間に起きていても仕方がない 
2022/05/03 22:08
小説を書く原動力は情熱であろう 
2022/05/03 22:09
天国の講義 
2022/05/03 22:10
起きた時、不思議な感覚を味わった 
2022/05/03 22:11
ただ今午前2時 
2022/05/03 22:14
早く寝ようとして10時に床に着いたのだが、ずっと夢を見ている感じで寝た気がせず、起きてコーヒーを飲んでしまった。 
2022/05/03 22:16
昨日の反省をして10時に寝て4時に起きる 
2022/05/03 22:17
11時半に寝て午前3時半に起きる 
2022/05/03 22:18
おはようございます 今日も午前4字に起きています 
2022/05/03 22:20
思いがけず楽しい夢を見て 
2022/05/03 22:22
父と対立しなければ今頃お金持ちだったのに 
2022/05/03 22:24
五百年経って世界はこんなに変わった 
2022/05/03 22:26
朝4時に起きて「幻の少女」を書き続けています。 
2022/05/03 22:27
心が苦しくなった時 
2022/05/03 22:29
小説が書き終わったので今日出します。 
2022/05/04 21:18
詩や小説は100以下にしたいので 
2022/05/04 21:23
午後のバロックを聴いている 
2022/05/04 21:25
リラックスジャズを聴きながら 
2022/05/04 21:27
私は今日からこの世を「現実と夢」の入り混じったものとして生きる 
2022/05/04 21:28
母との生活が苦しかった 
2022/05/04 21:30
65を過ぎれば体にガタが来る 
2022/05/04 21:31
生きたいと思うも  その勇気なし気力なし 
2022/05/04 21:38
死ぬまでずっとこの部屋にいたい 
2022/05/04 21:55
楽しさとつらさの半々の人生 
2022/05/04 21:57
あるがままに 
2022/05/05 22:40
今日は朝から調子がいい 
2022/05/05 22:41
だから自分の書きたいように書く。 
2022/05/05 22:43
私は今殺されそうになったら逃げるだろう 
2022/05/05 22:45
17歳のMOMOKOに 
2022/05/05 22:47
人間60歳を過ぎると 
2022/05/05 22:48
おはようございます 
2022/05/05 22:50
やばい、死にたくなっている 
2022/05/05 22:52
今日は2時半に起きて「最期の跳躍」を書いていた 
2022/05/05 22:54
ずっと初恋の人の夢を見ていた 
2022/05/05 22:55
「最期の跳躍」が完結した。 
2022/05/05 22:56
ああもう生きられない 
2022/05/06 02:35
バロックを聴きながらベッドに横になっている 
2022/05/06 02:37
第50のポエムで終わらせようと思ってきた詩集がいつの間にやら第259回になった 
2022/05/06 02:39
夢の中でしか 
2022/05/06 07:01
「鬱」というなんとも言えない作品を書いている。 
2022/05/06 22:12
今では寝る前は明日目覚めるかどうかを気にしています 
2022/05/06 22:13
朝起きて「鬱」2ページ書きました。 
2022/05/06 22:15
人はいくつになっても後悔するものである。 
2022/05/06 22:16
今年も多くの人が亡くなった。 
2022/05/06 22:18
なかにし礼さんが亡くなった、 
2022/05/06 22:20
詩はランキングを瞬く間に這い上がり、すぐに落ちていく 
2022/05/06 22:21
コンテストみんな落ちてほしい。 
2022/05/06 22:23
コーヒーの効能は1時間半くらいかな。 
2022/05/06 22:25
家の中にいるせいか、物凄い寒さを経験することがなくなった。 
2022/05/06 22:26
他のサイトからも私の作品を見られるようにしました 
2022/05/06 22:28
 日数をずらして挑戦すればいいものを 
2022/05/06 22:32
アルファポリス狂想曲がやっと終わった 
2022/05/06 22:34
夢の中へ 
2022/05/07 12:44
もう力尽きたと思った日 
2022/05/07 23:25
言った方は爽快で気が晴れて 
2022/05/07 23:27
嵐が暴れている 
2022/05/07 23:31
僕の大事な佳音さんのバンド、音戯話っていうんですけど、 
2022/05/07 23:33
私は長い間、投稿サイトというものをよく知らなかった 
2022/05/07 23:36
やらなければならないことが余りにも多い 
2022/05/07 23:37
何処かここではないところへ行きたい 
2022/05/07 23:39
下らないと思うと全て下らなくなる 
2022/05/07 23:40
死ぬ時は静かに逝きたい 
2022/05/07 23:41
もう死んでしまいたい 
2022/05/07 23:42
10年生きるかどうか分からないが 
2022/05/07 23:44
なんか人生がやけにシンプルに感じる。 
2022/05/07 23:47
障害者事件、自著「やすらぎの苑」を書いたら気が抜けてしまった 
2022/05/07 23:51
枯渇したと前のような文章は書けないと嘆く君 
2022/05/07 23:52
死にたいと何度も言葉を吐き出す 
2022/05/07 23:54
賞は参加することに意義がある 
2022/05/07 23:56
ルルドの泉 
2022/05/07 23:58
人間という底なしの裏切り者 
2022/05/07 23:59
今日の憂鬱は何かをする気力を奪ってしまう 
2022/05/08 00:00
明日死ぬと神は分かっていても 
2022/05/08 20:31
叔母は84歳で若い頃に夫を亡くしてから一人で都営住宅に住んでいた。 
2022/05/08 20:34
最近、活動がよわまっていたのですが、一つの詩を書いたら200近いアクセスが急に来ました 
2022/05/08 20:37
今朝、行かなくちゃ、起きなくちゃと心がせいた。 
2022/05/08 20:40
生きるとは 死ぬとはどういうことなんだろう 
2022/05/08 20:43
目覚めた人 
2022/05/08 20:44
どんなに愛されてももっと愛されたい 
2022/05/08 20:45
今は何の希望もない 
2022/05/08 20:47
何であの頃あんなに楽しかったんだろう 
2022/05/08 20:48
この世を間もなく去る囚人にとって 
2022/05/08 20:50
もう僕のこの世での役目は終わったね 
2022/05/08 20:51
切り立った崖 
2022/05/08 20:53
どうせ死ぬのに何故生きる? 
2022/05/08 21:03
心地よい音楽が私の心を癒してくれる 
2022/05/08 21:04
自分の存在が信じられない 
2022/05/08 21:18
永遠の夜にただ一人覚醒しているのは 
2022/05/08 21:20
歳を取るに従い自分が特別な存在でないことに気づく 
2022/05/08 21:23
天国には天女が舞っているのだろうか 
2022/05/09 05:10
深夜独り起きていると 
2022/05/09 05:12
なぜ死ぬの なぜ生きるの 
2022/05/09 05:13
傷つけ合う言葉 
2022/05/09 09:38
償い 
2022/05/09 15:57
誰よりも自分を信じる事 
2022/05/09 15:58
未来の科学者は現代の科学者を憐んでいるだろう 
2022/05/09 16:01
人生の夕陽が沈んでいく 
2022/05/09 16:02
消えたい時 あなたへの想いがつのる 
2022/05/09 21:23
いつ死んでもいい 
2022/05/09 21:25
朝の光を浴びると私の心は乱れる 
2022/05/09 21:26
人が機嫌が悪いと怖気付いてしまう 
2022/05/09 21:27
湖畔の宿で温泉に入った 
2022/05/09 21:28
秋の深まった図書室 
2022/05/09 21:29
人は例え肉親でも墓場から甦って欲しくない 
2022/05/09 21:31
静かなジャズが流れてくる 
2022/05/09 21:33
どんな映画やドラマを見るよりも 
2022/05/09 21:34
『太陽がいっぱい』だと思った 
2022/05/09 21:35
鬱が苦しいというのは、 
2022/05/09 21:37
自殺の免疫 
2022/05/09 21:38
誰が人間のこれ以上の繁栄を望んでいるのか 
2022/05/11 00:53
最近、また人間嫌悪、人生嫌悪の傾向が出てきてしまった 
2022/05/11 00:54
傲慢な人 
2022/05/11 00:56
決意表明 
2022/05/11 00:57
ずっと書いてきた小説が書き終えたようだ 
2022/05/11 01:01
白骨化した恋人 
2022/05/11 01:02
いつものように4時半に起きて投稿サイトの整理をして 
2022/05/11 01:03
柔らかいジャズの音色を聴きながら 
2022/05/11 01:04
さて今日は何をしようか 
2022/05/11 01:05
幸せとはなんだろう 
2022/05/11 01:05
体がきつい 
2022/05/11 01:06
やらなければいけないことは山のようにあるのだが 
2022/05/11 01:08
ある作曲家、作詞家が一時期名作を立て続けに出して、ある時点でピッタリ書かなくなるのは何故だろう 
2022/05/11 01:10
もしも私が死んだらあなた 
2022/05/11 01:11
人は誰でも死ぬわけだが死に方にいい悪いがあるだろうか 
2022/05/11 01:12
生きていると、あの時、殴っておけば、 
2022/05/11 01:14
猫のねーたん 
2022/05/11 01:15
早く死なないかな私 
2022/05/11 01:16
花咲く乙女たち 
2022/05/11 23:17
母との人生 
2022/05/11 23:20
宇宙の一呼吸 
2022/05/11 23:22
みんな死ぬなぁ 
2022/05/11 23:23
何もしたくないなぁ 
2022/05/11 23:25
骸骨のロックンロール 
2022/05/11 23:26
西暦一万年 
2022/05/11 23:27
1889年ヒトラーは生まれた 
2022/05/11 23:28
愚か者 
2022/05/11 23:29
人生が終わったかのような倦怠感 
2022/05/11 23:31
時間を巻き戻して 
2022/05/13 01:03
僕はいくらでも眠れる 
2022/05/13 01:06
悲しみのカケラ 
2022/05/13 01:07
その命にただ手を合わせる 
2022/05/13 01:08
知らぬ間に眠っている 
2022/05/13 01:09
ビルの屋上から彼は飛び降りた 
2022/05/13 01:11
今はただ薄れゆく光の中で 
2022/05/13 01:12
自殺の免疫 
2022/05/13 01:14
詩は叫び 
2022/05/13 01:16
理想的な人生 
2022/05/13 01:17
死んだら無になるとは限らない 
2022/05/13 01:18
天国の講義 
2022/05/13 01:19
会社っていうのは社員よりも会社が第一なんですね。 
2022/05/13 21:26
詩人というもの 
2022/05/13 21:31
大いなる偶然よ 
2022/05/13 21:34
夢の一日 
2022/05/13 21:39
夢を見てまた夢を見て夢を見る 
2022/05/13 22:07
人は死が迫っても寸前まで死ぬとは思わない 
2022/05/13 22:11
絶対に死ぬのに 
2022/05/13 22:13
ネコの眠り 
2022/05/13 22:14
死にたい子に 
2022/05/13 22:16
老人ホームで一人死に二人死ねば 
2022/05/13 22:17
どんなに憎い奴も時間が殺してくれる 
2022/05/13 22:18
親子旅行 
2022/05/13 22:29
詩が消費されている 
2022/05/13 22:31
何もしたくないなぁ 
2022/05/13 22:33
大量無差別殺人者よ 
2022/05/14 03:22
 無益な戦い 
2022/05/14 03:24
僕は再生する 
2022/05/14 03:27
新しい夢 
2022/05/14 03:28
覚醒と夢 
2022/05/14 03:30
なぜ詩は夜でないと書けないか 
2022/05/14 03:34
黄昏の時 
2022/05/14 03:36
言葉の行き違い 
2022/05/14 10:10
天国 
2022/05/16 00:30
いろいろな孤独 
2022/05/16 00:32
アレクサからもう亡くなった人の歌声が聞こえてくる 
2022/05/16 00:41
そこにいる君 
2022/05/16 01:06
もう一つの世界 
2022/05/16 01:18
悪魔のコーヒー 
2022/05/16 01:23
美しく哀しい音楽を一日中聴いていたい 
2022/05/16 01:27
人の最期 
2022/05/16 01:33
もう諦めていいのかなと思う 
2022/05/16 01:41
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません