作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 次に目覚めたとき、キートは純粋なる憂鬱とパニックに見舞われた。隣には、ゆうべ情を交わした 相手が裸で、満腹の虎のように悠々と寝ている。  キートはひとつひとつ鮮明に、昨夜の行為を思い出していく。  ラザールの指、腕、唇、熱い楔―――  だが、その瞳はいったい、誰を映していたのか―――    身体を重ねている瞬間は、あんなに満たされて幸せだったのに、今のキートは物悲しい気持ちで 一杯だった。なぜ、こんな暗い気分になるのだろう。これはドラッグが抜けたあとの倦怠感なのか? それとも、愛されていると思っていたのが、錯覚だと解ったからか? ……前者だと思いたかったが、 答えは自分でも分かっている。 「トーチ・リリー……か」  泣きたい気分で、囁くように呟く。  ……自分は花に例えられるような人間ではない。ラザールが愛しているのは自分ではない、他の誰か なのだとキートは確信した。そもそもラザールは、出会ったときから自分を誰かと勘違いしていたでは ないか。あまりにも滑稽で、哄笑を上げたくなる。  そして、なぜこんな気持ちになるのか、キートは唐突に理解した。  ラザールを愛していることに気付き、やるせないほどの悲しみを感じた。  ……これ以上、彼の傍にはいられない。  ―――今なら、まだ間に合う。  今ならまだ、離れても生きていくことができる。いつかはその腕の温もりも、その唇の甘さも忘れ られる日がくるだろう。そして、手放しがたいほどの快楽も―――  ―――今なら、まだ……  すべては、夢だったのだ。  こんな気持ちを抱えたまま、誰かの身代わりに抱かれ続けるのは無理だ。この閉ざされた世界で、 ラザールの身を案じながら待ち続けるのは耐えられない。  自分の存在意義が見いだせない―――  ラザールへの想いを自覚したキートが取った行動は、速やかに姿を消すことだった。 ♦ ♦ ♦  キートが姿を消した翌日―――  ラザールは、林の中に流れている、小川に沿った小道を急ぎ足で歩いていた。朝から針のように細い 霧雨が降っていた。ニレやカバの木に芽吹いた新緑も、畦に咲く草花も、何もかも色褪せて、雨に烟る ように霞んで見える。  ……キートが姿を消した今、世界は再び色を失くしてしまった。しかし、ラザールはこのまま悲嘆に 暮れているつもりは毛頭なかった。  坂道になった林道を歩いていくと、小高い岩山の斜面に洞窟があった。  ラザールは入口を覆う麻布を持ち上げて、躊躇うことなく内部に足を踏み入れる。洞窟の中では、 強く、甘い匂いが漂っていてラザールはほっとする。スギの葉とハーブが燃えるその匂いは、ここに アレンがいる証だ。  どんどんと奥に入っていくと、小さな岩を積み上げて作った炉の前で、アレンが火の番をしていた。 ラザールの姿を目に留めたアレンは、スギの小枝とヤクヨウサルビアを炉の中に落した。香りが一段と 強く漂う。 「キートが姿を消した」  開口一番、厳しい声でラザールが言うと、アレンは肩を竦めてみせた。 「それはまた何で?」 「知るか」  やけくそ気味に言いながら、ラザールは焚き火炉を囲む岩のうえにどっかと座った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません