小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 些細なことで父とケンカした。  夜はテーブルにもつかなかった。  母が死んで、父は二役をこなしてる。  わかってる。けど言ってしまう。  台所のお弁当を持って、先に出た父のあとに私も登校する。  お昼、蓋を開くと、 「ゴメンナ」の海苔文字。  父さん。  今日のお弁当、ちょっとしょっぱいよ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません