小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ベランダに煙が漂う。  俺と同様、家族にきらわれている煙だ。  火を消し、ポケットから一口チョコを取り出す。  同僚は義理を果たしてくれたが、嫁と娘からは愛も義理もない。 「おじちゃん!」  隣から、豪華にラッピングされた袋がぬっと出て来た。 「いつもあそんでくれて、ありがとう!」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません