小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 最近、姉が早起きだ。  登校前に、せっせと家族の洗濯物を干している。  食器洗いすらしなかった姉のくせに、どういう心境の変化だろうと感心していた。  その日は朝練の準備でいつもより早く家を出た。  姉が干しかけの洗濯を持って、ボーッと道に蕩けた視線を注いでいる。  ああ、なるほどね。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません