ショートカレー ~140字のものがたり~
あの頃は、臆病だった(前編)

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 私は後輩で、あの人は先輩だった。  決して頼りになる人じゃない。  でも、なぜか気になる人だった。  気持ちは伝えず、学園生活を終えた。  社会に出たら時折、どうしているだろうと思い起こす。  LINEの友だちをスクロールする。 「元気にしてますか?」  私は勇気を込めて、矢印に指を落とす。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません