ショートカレー ~140字のものがたり~
あの頃は、臆病だった(後編)

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「元気にしてますか?」  スマホにメッセージが浮いた。  部活の後輩。何年ぶりだろう。  俺は彼女の記憶を手繰った。  あの頃は無謀にも、彼女に惹かれていた。  でも自信がなかった俺は、無言で卒業した。 「元気だよ」  気軽な思いで返信した。  これが、彼女の薬指が煌めいた、きっかけだった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません