小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「君は低レベルだな」  上司に冷淡な言葉を浴びせられた日から、俺の心は瓦解を始めた。  鼓舞するも、温度がない上司の言葉は容赦なく心から熱を奪う。  もう疲れた。  気づくと病院にいた。  ベッドの脇で嫁が大粒の涙を流している。 「気づかなくて、ごめんね」  そうか、話せばよかったんだ…

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません