小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 あんな恐ろしいことになるなんて…  私は洗濯物を干していました。  そして見つけます。  靴下です。  何度注意しても、娘はつま先を丸めて脱ぎます。  私はイラつきから、それをブンブンと振り回しました。  丸い靴下は水を吸い、硬度が増していました。  そして私は強襲されたのです。  下腹部を。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません