小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 知らない番号だ。 「もしもし」 「俺だけど!」  着信拒否したのにしつこい。  友達の電話でも借りたのだろうか。 「話すことなんか、もうないけど」 「もう一度だけチャンスをくれ!香」 プツ。  私は無言で切る。  いったい何人と関係をしているのか。  もう私の名前には辿り着けない気がする。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません